01
4
8
10
11
15
16
22
24
25
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しおんの王 第14話

歩の正体が二階堂にばれてしまった。
だが、二階堂も多少は人間的に成長していると見えて、この事実を騒ぎ立てるような行動には出なかった。
それでも、歩に協会や周りの信用できる人たちに相談するべきだ・・・と助言した。
それは、この事実が発覚すれば歩み自身が思っている以上の騒動になる・・・と感じ取ったからである。

また、トーナメントの抽選会では・・・
安岡と紫音が対戦し、その勝者が歩と戦うことになってしまった。
小林は先が読めている・・・というような発言をしたが、そんなはずは・・・ない。
棋譜は永久に残ってしまうからだ。
娘が相手だからと手を抜けば、父親にも娘にも後々まで響くような傷を残してしまう・・・と。
この親子対決・・・絶対に手を抜くはずがない。


そして、紫音に嫌がらせをした犯人は・・・?
犯人を突き止めようとする刑事たちだが、現在はトーナメント中・・・と言うコトもあってあまり大事にしようとはしない。
だが、悟を怪しい・・・と思っていることに違いなかったのだ。

ホントに悟はなに考えてんだか・・・。
ってか・・・
紫音の頬に手を触れたときに紫音自身が感じた[記憶]の真意は?


また、二階堂は今回の歩の件で羽仁名人に鎌をかける。
羽仁名人も悟があの時・・・と直感したためか、二階堂に話をあわせた。
だが、二階堂は・・・この一件が羽仁名人の知らぬ所で起こったことだ・・・と直感する。


ホントに歩クンの今後が気になります。
紫音とのいい関係が崩れることなく・・・このまま頑張って欲しいものだと思います。
スポンサーサイト

theme : しおんの王
genre : アニメ・コミック

レンタルマギカ 第16話

アストラル社長・・・修行の巻!!

いや・・・
なんか土曜日に小西さんの声、聞いたばっかりなんですけど・・・。
それも新キャラで・・・MSに乗ってました・・・左目の下に二つ並んだほくろがあるエロいキャラでした。
今回は・・・
坊さん(隻蓮)でした。
なんとなく生臭坊主っぽい(笑)。
ってか・・・小西さんが演じると・・・どことなくエロ坊主って気がしてしまう。
ゴメンなさぁ~い!!

珍しくアディが全く登場しませんでした。
アストラルでのみんなの仕事振りも少し・・・垣間見れたような気がします。

小西さん演ずる所のお坊さん・・・彼もまたアストラルの社員でした。
まぁ、契約社員って言ってたから・・・。

それにしても、猫屋敷と隻蓮の2ショットっていうシーンがあったけど・・・ヤバかった。
マジでヤバかったよ!!!
妄想炸裂でした。
だって・・・
白い猫屋敷・黒い隻蓮・・・どう見ても・・・ねぇ・・・

まぁ、今回はいつきが始めて一人で仕事をした・・・という記念すべき回だったのでしょう。

theme : レンタルマギカ
genre : アニメ・コミック

みなみけ~おかわり~ 第4話

今回の春香はいつもと違っていた。
こ、こ、怖いっ!!
春香姉さまが・・・怖かった。
まぁ、親代わりなんだからたまにはこんなこともなくちゃね・・・といったところか?

町内会の清掃ボランティアに参加することになった南家三姉妹。
千秋と夏奈はもちろん・・・拒んでいたのだが、お隣の参加にライバル意識(?)を持つ春香の独断で全員参加・・・と言うコトになった。
だが、夏奈がおとなしく参加するはずもない。
当然道連れ(生贄とも言う?)も必要になってくるのだ。
まず藤岡を誘う。
藤岡は『土曜日暇か?』と聞かれただけで完璧にデートだと勘違いする。
まぁ・・・彼ならそう思うだろう。
しかし、夏奈が藤岡をデートに誘うわけがない・・・と言うコトになぜ気づかないんだ?
『何着てこう・・・』なんて考えているまに夏奈はケイコを誘っていた。
ケイコは午前中だけならOKという返事をしていた。
藤岡よ・・・待ち合わせ場所が朝8時に公民館だというところでおかしいと思え!!

一方 千秋は・・・
誰にも誘いをかけていなかったようである。
だが、いつものメンバーがしっかり現れる。
全て夏奈が号令をかけたのだ。
何でみんな来ちゃうんだろ・・・。
そして・・・もちろん保坂先輩も来ていたのだった。
何???
あの恰好!!!
首に巻いたスカーフの意味は?(笑)
雪が降りそうなほど寒い中、いつものように胸をはだけておりました。
そして・・・腕まくりまでしてたよ!
っつ~か・・・あのアルミ缶とスチール缶の分別用の背負い籠・・・自前?

最終的にフユキ君との勝負となってしまった(一方的に)夏奈たちは、河原近くで古い冷蔵庫を発見する。
その冷蔵庫を持ち帰る!と利かない夏奈に対してまわりは・・・重すぎると反対。
そのうち、中に何かが入っているのでは?と言い始め、必死にドアを開けようと試みる夏奈。
勝手な妄想だけが暴走する奴ら・・・。
結局、ドアをこじ開けてみれば中には石が詰まっていた。
それに腹を立てた彼らは・・・
その石を川に投げて憂さを晴らしていた。
千秋が石を拾って投げようとしていた所へ、わざわざ迎えに来た春香が目撃!!
千秋&夏奈はご飯抜き!!宣言されてしまうのだった。

翌朝、春香がいつも通りに早起きすると・・・
リビングには極限まで腹を減らした夏奈と千秋が・・・
ご飯くださぁ~い!!!


いやいや・・・
町内会ネタ・・・っつ~か、町内会って面倒だよね。
ウチは町内会には入りません!宣言をしているので、全く何も参加しなくていいわけだが・・・。
春香はお隣のフユキ君と自分の家が比較されることが我慢ならなかったのではないか?
ましてや、千秋と同じ年・・・それにしてはよく手伝っていて偉い!と思っているのだろう。
まぁ、周りもそう思っているに違いない。
そこで清掃作業全員参加という強引な作戦に出たのだろう。

しかし、千秋は鋭かった。
フユキ君は気が利くわけでもなければ、手伝い好きでもない・・・ただ単に、頼まれたら断れない性格だ・・・と見抜いたのである。
さすがだ・・・。

この先、お隣との関係はどうなっていくのだろう。
そしてお隣のフユキ君は、博多弁・・・でしたか?

theme : みなみけ~おかわり~
genre : アニメ・コミック

仮面ライダーキバ 第1話

瀬戸くんはいきなり危ない人でした~(笑)

この世アレルギーってなんだぁ~!!
すごいアレルギーだけど・・・絶対になりたくない!!!
しかも・・・そう思いこんでいるのは自分だけで、実際は全くそんなことなさそうじゃん。

でもね・・・カブト以来・・・完璧にはまりそうな予感です。
まぁ、瀬戸くんが好きってのも手伝ってますけど、杉田さんがぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!
いいじゃん!いいじゃん!!!
杉田ボイス、毎週聞けそうじゃん。


第1話・・・
なんかまだよく判らんけど・・・
いきなりの入浴シーンでびっくりでした。
っつ~か・・・
あの三角のお風呂・・・えっらいかわいいんですけど。
かなり古い洋館を使ってますよね?
タイル張りのお風呂だし・・・。

んで、何であんなに魚の骨とか・・・集めてんだ?紅クンは・・・。
梅の木に塗る・・・とか言ってたけど・・・。
でも、それで近所に迷惑かけてるんじゃ・・・ダメじゃん。


んで・・・
あのビルから分離した怪獣みたいのは・・・何?
悪いヤツを退治した後は、あの怪獣が食べちゃうのか?
うぅ~ん・・・謎だ!

だが・・・
かなりハマりそうなんで自分で自分が怖いです。

予備知識全くなく観るのが好きなタイプなんで・・・コレからいろんなことが判っていくってのが楽しみで仕方ない。

一年間・・・どうぞよろしくお願いします!!<誰に向けた言葉?

theme : 仮面ライダーキバ
genre : テレビ・ラジオ

シゴフミ 第4話

今回はかなりGL風味満載でした。
もぉ・・・マジで驚いた。

もともと、ちょっとだけ大人向けって言うか、色気のある作品だと思ってたけど・・・今回は一線を踏み越えるかと思ったよ(笑)

そして今回初登場!!
フミカの同業者・チアキ登場!!
なんか・・・金髪で可愛い。
また、フミカとは正反対っぽくてなかなかいい感じだ。
彼女もまた、フミカを不思議に思っているようだった。
普通は死んだ人間が配達人になるんだから年をとらないはずだ。
しかし、フミカは会うたびにおおきくなっている・・・と。
フミカはやはり・・・何か謎があるんだね。
もしかして・・・まだ生きてるの?
生きたまま配達人に?
意識が肉体を離れて・・・みたいな感じ?
マトマ・・・おっさんっぽい(笑)

そして今回のシゴフミは・・・死んだ母親から娘に送られる手紙だった。
タテイシナオコ・・・からの手紙だった。
蘭は高校テニス部では後輩の憧れの対象・・・らしい。
そして・・・極度の男嫌い。
それは、自分の母親が男を作って家を出て行ったのをきっかけに、男と付き合うことに嫌悪感を持つようになってしまったようである。

フミカが蘭に手紙を渡すと、なかなか読もうとしない。
だが、友人に背中を押され・・・
それでもなかなか手紙の封を切る勇気が出ない蘭。

だが、最終的に母親からの手紙を読むことになるわけだが・・・
彼女の心が解り、凍り付いていた心が解けていく・・・。

まぁ、ここんとこ殺伐とした話が続いたので、たまにはこういう暖かくなるような話もいいと感じた。
まぁ、毎回こういうパターンでは飽きが来てしまうだろうが、いろいろなパターンの話をやってほしいな・・・と思う。
あまり長くないアニメ作品らしいので、似たような話にならないようにして欲しい。
そしていろいろなシチュエーションにあっても常に冷静沈着なフミカが楽しみだ。
そしてフミカ自身の謎も、少しだけでも解き明かされると・・・うれしい。

theme : シゴフミ
genre : アニメ・コミック

PERSONA-trinity soul- 第4話

諒は二人の弟をこの一件に巻き込みたくないために、自分の元から遠ざけたいだけなんだ・・・と感じた。
今回、諒の本心がチラッと垣間見えるシーンが多々あった。

なんとか3人で仲良く暮らしたい・・・と強く思い続ける洵。
そして、言葉を言葉通りにしか理解できない慎。
兄弟なのにまったく似ていない3人。

洵はやっぱり双子だったんだね。
そして、何らかの事故で妹(?)を失ってしまったんだ。
今回、港(?)で彼女の姿を観ることができた。
そして・・・また、洵もペルソナの持ち主であった。

くじらのはね
それは両親が最後に書いた本のタイトルだったらしい。
絵本?童話?
とりあえず、母が挿絵を描いていた様である。
そんな家庭環境も少しずつ解明されてきた。

それにしても・・・
洵のけなげさには涙が出る。
切な過ぎる・・・。
みんなの間に立って、なんとか仲良くさせようと頑張る姿は・・・ホントに涙を誘う。
なんて可愛いやつなんだ!!

そして諒は・・・
全てを解っていて二人を突き放そうとしているのだろう。
少しでも緩めれば二人を可愛がりすぎるほどかわいがってしまう・・・ということが彼にはわかっているのだろう。
二人が可愛いからこそ、自分の元から遠ざけようとしているに違いない。

また、刑事からとある名簿の入手を頼まれた慎は・・・
諒のPCからその名簿のデータを入手するものの、兄の優しさに少し気づいて名簿を刑事には『そんなものなかった・・・』と嘘をつくのだった。

この3人が少しずつでも歩み寄る方向へ向かうストーリー展開希望です。

theme : PERSONA -trinity soul
genre : アニメ・コミック

機動戦士ガンダム00 第16話

ガンダムスローネ・・・全3機・・・。
いや・・・ヤバいよ。

ロックオンのハロでさえ、全く知らなかったようである。
ロックオンとヨハンが同じような位置にいるキャラなのか?

それにしても、スローネシリーズは、今までのガンダムよりもかなり強そう・・・って言うか・・・。
それでいいの?
主人公が搭乗しているガンダムよりも強いガンダムがいていいの?

ところで、グラハムはガンダムパイロットと話すつもりはないらしいね。
つねにガンダムに向けて言葉を発してるよね。
このぉ~・・・ガンダムオタクがぁ~!!

これでガンダムは7機になったわけだけど・・・なんか全ての人が頭を抱えちゃったよ(笑)

監視者・・・なんじゃこりゃ!!
まるでネルフだよ(笑)
まぁ、ネルフの場合は番号がついたパネルだったけど、ソレスタルビーイングは美術品(贋作?)らしい。
これ・・・それぞれが独自でチョイスしたのかなぁ~?
まぁ、そんなことはどうでもいいですが・・・。

とりあえず、今回の話は態のいい総集編だった気がする。

そして、世界情勢よりも明日のテストの方が自分にとって重要だ!!と言い切るお邪魔キャラ・ルイス・・・またしても今週も出てました。
どういう意図でこのキャラを出しているのか・・・全く解らない。
主人公との対比を描くためにこのキャラを登場させているのだろうか?
それって・・・必要?
それなら、沙慈だけで十分だと思うけど・・・。
世界に全く興味がなく、自分が世界の中心だと思っているキャラが必要?ってことなのかな?
とにかく、ルイスがこのアニメにいる意味が相変わらず解らない。
そして、こういうキャラは絶対に最後まで・・・死なない(笑)

とにかく、今回はスローネチームの顔見せと序盤の総集編ということでしたね。

theme : 機動戦士ガンダムOO
genre : アニメ・コミック

CLANNAD 第15話

さてさて・・・
ことみちゃんの一件が片付いたので、本題(演劇部再建)に話が戻ってきたようです。

今回は、合唱部と演劇部で顧問の先生を取り合うお話。
古河は気が弱いのかお人よしなのか・・・周りに反対されながらも合唱部に顧問を譲ってしまう。

今回は、新しいストーリーへの転換話・・・といった感じで、これと言って感動するようなシーンはなかった。
まぁ、春原と岡崎のスポーツ推薦で・・・ってトコロはちょっとね・・・。
そして春原・妹登場!!
カートを曳いている所を見ると・・・オタクなのか?<いや、違うって!!
イベント帰りで、あのカートの中には怪しげな同人誌がたっぷり・・・ってワケはない。
頼まれていた土偶が入っているのか?
まぁ・・・いい。

それにしても・・・
この番組を第1話から保存しておかなかったのは・・・痛い。
後悔先に立たず・・・とはこのことだ!(T_T)


今回の妄想
そりゃもぉ・・・
古河に岡崎が春原のことを説明している時、春原は自分のことが好きなんだ・・・とか何とか言っちゃってるシーンでしたがな!!
いや・・・まったく・・・
岡崎X春原?
春原X岡崎?
キャーッ!!
どっちでもいいんですけどねぇ~♪
アタシの妄想炸裂ですよ!!!
ノーマルな恋愛ストーリーよりも、そっちの方が個人的には・・・萌えます・・・。

theme : CLANNAD
genre : アニメ・コミック

墓場鬼太郎 第3話

フランク永井トランク重井って・・・すごいぞ!!
思いっきりパロってるぞ!!
ってか・・・アタシ・・・実はフランク永井って好きだったりする。
あんな事がなければ・・・よかったのにな・・・。

まぁ、その話はおいといて・・・

ピエール瀧ってすごいねぇ~。
ガスパッチョのCMで織田信長やってるだけじゃなかったんだね!!
アタシは結構ピエール瀧って好きだけど(ポンキッキに出てた頃から)、最近電気グルーブそのものが、あまり目立たなかったから・・・ちょっと心配してました。
でも、みんな元気そうで何より・・・です。

今回の話はかなり面白かった。
なんか・・・話の作り方が好かったんだと思う。
そして鬼太郎が・・・
何であんなに飄々としたキャラなのぉ~?
すごく好感度高いよ!!(笑)
正義の味方的キャラじゃなくて、自分の欲の為だけに考え行動する・・・いいキャラだな、おい!!
正義の味方的キャラに成り下がった鬼太郎には全く興味がないのだが、こういう鬼太郎は・・・とてもいいと思う。

一日に500ccの血液を搾り取る木・・・吸血木
そんな気の苗木を腕に植えられてしまったトランク重井。
最終的に木の化け物になってしまったが、卵のようになって生まれ変わった。
なんだかよくわからないが、全体的にテンポがあっていい出来だったと思う。
来週も楽しみである。

theme : 墓場鬼太郎
genre : アニメ・コミック

NARUTO(疾風伝) 第264話 & WJ連載中本編の感想

今回の見所・・・
それは・・・
カブトがサイにbackから馬乗り!!
ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!
も、も、妄想炸裂ぅぅぅぅぅぅぅぅっ!!

ぜぇぜぇ・・・
いや・・・全く違うんですけどね・・・全く違うんですよ・・・。
全然そういうシーンではありませんが・・・腐女子の目にはそういう風に映るんですよ!
カブト・・・アイツは攻めも受けもOKそうだからなぁ~。
そしてサイも・・・どっちでもOKそうだもんなぁ~。
サイは、任務遂行のためには手段を選らばなそうだから、例え凌辱されても・・・頑張っちゃうだろうなぁ~。
いや・・・
何度も言うようだけど、そういうシーンは全くありませんよ!!(笑)

一方残されたカカシ班は・・・
とりあえずサクラがナルトの治療にあたる。
ヤマト隊長は、既にサクラの心がナルトに向いていることを察知しているが・・・まぁ、大人だしタイミングを失ったのでサクラには言えなかった(言わなかった)。
サクラ自身、そのことに気づいているのかいないのか・・・。
一応、ナルトは主人公だから、サクラが最終的に心を寄せるキャラであることは間違いない。

サクラの治療によって元気になったナルトだが、九尾に支配されていた時の記憶が全く・・・ない。
サクラはナルトの質問に対して嘘の答えをする。
ナルトに対する心配りが・・・にくい。
でもね・・・
ナルトの心はサクラちゃんからサスケに・・・120%傾いてますよ。
サクラちゃん・・・ご愁傷様。
ナルトの頭の中はサスケでいっぱいだぁ~い!

とりあえず、サイは大蛇丸たちとともに・・・
また、ナルトたちはそれを追っていくのだろう。


さてさて・・・
本編の感想ですが・・・
いやいやいやいや・・・
美味しすぎて何をどう書いたらいいのか判らない。
主人公が全く登場しないモードになっちゃってますよ!!
うちは兄弟づくしですからねぇ~。
イタチはほとんど視力がなくなっているようです。
っつ~か・・・やっぱりイタチはカッチョいい♪
そして、やはり兄には敵わないのか?サスケくん!!
それにしても、全編いい男しか出てこないってのは・・・よろしいですなぁ~♪

theme : NARUTO
genre : アニメ・コミック

灼眼のシャナⅡ 第15話

最近は緊張感が溢れてていい感じだなぁ~。
今週もすごく良かった。
まぁ、一応落ち着いたんだよね?
でもね・・・
オバチャンには早すぎる展開は疲れます。
ガシガシ話が進むのは、学園ドラマ的要素が強かった前半よりはいい・・・と感じるものの、ジェットコースターのようなスピードで話が進んでしまうので、ブログを書くまでに録画したヤツ・・・2~3回は観なくちゃ書けないよ・・・とほほ。

そして、ついに本性を表した近衛・・・やっぱりヘカテーでした(笑)
っつ~か・・・近衛は操り人形に過ぎなかったのですが・・・。
今回はトンズラこきましたが、最終的にはやっぱり戦うんだよな・・・。

そしてフィレスは・・・
最愛の人・ヨーハンと再会し、一応は気が済んだみたいです。
悠二も無事だったし・・・。

あと・・・マージョリーはやっぱりいい人でした。
すごくいいキャラだよねぇ~♪
この第2シリーズで大好きになっちゃいました。

また、田中はフラッシュバックって言うか・・・心の傷が全く癒えていないようですね。
観てるこっちが辛くなるよ・・・。
佐藤とは全く違う方向に歩き出しちゃったね。
田中はオガちゃんの大切さを知ってしまったからね・・・。
もう、この闘いには戻れないよね。


それにしても・・・
シャナがかわいすぎる!!
何で?ってほど可愛い。
第1シリーズではあまり感じなかったのだが、この第2シリーズになってからはとにかくかわいい。

これから後半・・・
またまたぶっ飛ばして欲しいものですね。

・・・この第15話・・・不覚にもググッと来てしまいました。
泣きそうになった・・・。

theme : 灼眼のシャナⅡ
genre : アニメ・コミック

素敵探偵ラビリンス 第16話

morikubo.jpg
怪人ゾナー登場!!
・・・と思ったんですが・・・(笑)
いやぁ~・・・晴嵐のヒミツ(?)が先週に引き続き暴かれる・・・。
っつ~か・・・晴嵐に兄がいたんですねぇ~。
何となく・・・三木眞でもOKだった気がしますが・・・。
森久保さんだとちょっと若い気がするんですけど・・・。
諏訪部さんが弟って・・・どういう?
まぁ、いいんだけど。

とりあえず、聖州院学園のオーナーだか学園長だかで新キャラ登場。
スイス帰りの晴嵐の兄・紫炎・・・。
これ・・・なんだか危険な香りがしますよぉ~(笑)。
っつ~か・・・
最後の台詞が「ひ・み・ちゅ♪」って、どういうことじゃぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!
ブリブリでしたがな!
ぜぇぜぇ・・・。

まぁ・・・いいです。

しかし、あの暗い部屋で兄と弟・・・なにやら怪しい雰囲気でした・・・腐腐腐。

そして、久々に幸太・楽太登場で萌えておりますよぉ~!
幸太・楽太・・・マジでかわいい。
最近、楽太の方がかわいいかも?とか思ったりなんかして・・・。
いや、あの子達は2人いっしょだからかわいいんだよ!!

あと・・・意外な事実発覚!!
繭樹がぁぁぁぁぁぁっ!!
主人公のクセに・・・小学生のクセに・・・中年のようなおなかになってましたぁ~!!
プヨヨ~ン・・・ってアンタ!!
マルと同じだね~・・・じゃねえよ!
ぜぇぜぇ・・・

今回、つっこみどころ満載で手が付けられませんぜ!

ところで・・・
最初の頃と現在のマル・・・全然違いませんか?
違う犬なの?と思うほど違うんですけど・・・。


最後に・・・
やっぱりこの番組は次回予告が一番面白い!!
番組から逸脱してるよぉ~!!
ってか・・・晴嵐と繭樹で腰鍛えて・・・って!!妄想しちゃうじゃんかぁ~!!

theme : 素敵探偵ラビリンス
genre : アニメ・コミック

ウエルベールの物語 第二幕 第4話

ジン玉砕!!

結局ティナはガラハドを選んだってことなんだね。
っつ~か・・・リタもガラハドのこと・・・好き・・・だよね?
恋人を失った傷心の男をめぐって血で血を争う女の戦い・・・になったりしないよね?
ドロドロ系は・・・苦手なんで(笑)

結局、ジンはパーティーから離脱。
まぁ、仕方ないよね。

話的にはそれほど進んでいないので、今日書くことは・・・これくらいかな?

っつ~か・・・
罪作りな男だぜ・・・ガラハド!!
女泣かせ・・・かぁ~?(笑)
金髪だしなぁ~・・・
カッコイイもんな・・・とりあえず。
アタシもガラハドが大好きだよ。
天然ってか・・・鈍い辺りが・・・(笑)

theme : ウエルベールの物語~Sisters of Wellber~
genre : アニメ・コミック

PERSONA-trinity soul- 第3話

ペルソナ大戦争勃発!!
あっちもこっちも出しすぎだっちゅ~の!!(笑)

子安も元気にペルソナってました。
子安・・・強いじゃん。
すごいじゃん。
頑張るじゃん。
・・・いや別に・・・子安が頑張ってるわけじゃないんだが・・・。
まぁ・・・いい。

子安&緑川がたまらない・・・マジで。
どうしてこんなに好きなんだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!
ほとんど中毒だよ・・・これ。
現在「新機動戦記ガンダムW」を再放送で視聴中なんで、かなり被るよ!!
ヤバイ・・・マジでやばいよ。
っつ~か、全く本筋とは違った所で萌えまくっちゃって、展開追っかけられないよ・・・アタシ。
バカバカバカバカ・・・・!
何やってんだよ、アタシ!!!


前回、カラオケBOXで襲われた女子2名・・・とりあえず無事に保護された。
だが、ホントは無事じゃなかったんだろう。
そして警察での事情聴取後、この件は内密に・・・といわれる。
ワケがわからない少年少女たち。
しかしそれは・・・諒からのお達しであった。
慎はまたしても諒に怒られてました。

一方、洵は・・・
優しいお姉さんと楽しいお食事。
この人・・・ダレ?
諒の・・・奥さんなの?
はぁ~・・・予備知識ゼロなんで・・・ワケわかんない。
まぁ・・・いいけど。

とりあえず、子安&緑川の声のためだけにこの番組を視聴している邪な心の持ち主です・・・アタシは!!

theme : PERSONA -trinity soul
genre : アニメ・コミック

メジャー4th 第3話

トライアウト終了!

結局10点差をひっくり返すことは出来なかったテスト生たち。
これで全員不合格・・・と落ち込んでいるところへコーチたちが「全員合格!」と・・・。

おぉ・・・とりあえず良かったじゃん。
全員合格だって。
しかし、吾郎だけはメジャーのキャンプに参加するように言われる。
いきなりか?
いきなりですかぁ~???

まぁ、この試験の意味をいち早く察知した・・・とコーチたちには思われていた吾郎だが、ホントはそんなことないと思う。
彼はいつ何時でもただ勝利の為だけに生きているだけなんだよ。
意味とか・・・全然考えないもん。
そして・・・周りはいつも巻き添えだぁ~い!!
まるでジャック・バウワーのようですよ・・・吾郎くん。

そして、ギヌマッチは一度日本に帰る事に。
そのとき彼は吾郎に「本当にこのチームでいいのか?」と問いかける。
それは、サーモンズが長年低迷している為だった。
まぁ、吾郎にとってそんな事は全く問題なかった。
彼はそういうチームにいて、強いチームと対戦するのが好きな根っからのMだから・・・(笑)
ギヌマッチの心配を余所に笑い飛ばす吾郎。
まぁ、このあとギヌマッチの登場はほとんどないらしいので、コレが見納め・・・。
はぁ~・・・もちっと愛を育んで欲しかったなぁ~。
しかし、ギヌマッチは吾郎に立て替えたお金の請求書を渡してさわやかに立ち去っていったのだった。
ちょっぴり寿也っぽくていい感じだったね・・・ギヌマッチ。

これでようやく吾郎もアメリカで第1歩を踏み出すことに・・・。
頑張れよ!

theme : MAJOR メジャー(サンデー連載中)
genre : アニメ・コミック

みなみけ~おかわり~ 第3話

今回は、千秋の学校で大量の宿題が出された為、みんなで集まって宿題をやろう!という事でした。
例によって、集合場所は南家・・・となるわけです。
同時に、南家の隣に新しく引っ越してきた冬木家・・・。
そこは父と息子の二人暮し。

千秋の家にやってきた内田たちは、早速夏奈の策略によって持参してきたパジャマに着替えさせられる。
いや・・・宿題・・・全然やってないんですが・・・いきなりパジャマなんですね・・・。
っつ~か、夏奈にとって宿題なんてことはさほど問題になっていないようである。
パジャマパーティー
そして鍋パーティー
・・・その二つが彼女にとってのテーマである。
ホストファミリーの名誉と意地にかけて、このパーティーを成功させてやるぅ~!的な勢いで、いつも通り千秋の思惑とは全く逆の方向へ皆を導いていくのだった。
夏奈はどこまで行くのだろう・・・。

みんなが集まるというので買い物に出かけた春香が帰ってきた・・・が、なぜか藤岡も付いて来た。
マコトは最初、マコちゃんとして登場したが、今回はマコトでいいのになぁ~。
習慣って恐ろしいよ・・・ホントに。
っつ~か・・・マコトはおバカさんだね・・・かわいいけど。
ところで藤岡は・・・買い物途中の春香に出くわし、荷物を持ってもらって家まで付いて来たらしい。
藤岡・・・どこまでもお人よし・・・。
っつ~か、そんなに夏奈が好きか???
・・・好きなんだろう。

結局、藤岡もいっしょに鍋パーティーに参加。
食後、千秋たちが風呂に入っている間、藤岡&マコトは食事の後片付けをしていた。
さながら・・・兄弟のようだ。
それにしても藤岡は・・・鋭いのか鈍いのか・・・さっぱりわからない。
マコトに「マコちゃんに似てるね・・・」とか言いやがりましたですよ!
マコトもバカだな・・・。
この機会に暴露してしまえば後が楽なのに・・・。

結局、このあと藤岡は帰ってしまう。

夏奈の勝手な判断の元、千秋だけをのけ者にして夜のパーティーへと移行する。
・・・が、その判断基準は・・・(笑)
パーティーの模様は割愛されていたが、千秋もおそらく混ざっての楽しい夜(笑)を過ごしたのだろう・・・宿題もせずに・・・。
今回はマコトとしてこの家に来ているマコトは(変な日本語だな・・・おい)、一人淋しくコタツで就寝。

翌朝、春香に起こされる面々。
そして春香に[宿題]の事を聞かれ一同呆然・・・。
あぁ・・・宿題はやっぱり一人で頑張る方がはかどるよね・・・という教訓。

あ・・・そぅそぅ・・・
ストーカーと化した保坂先輩は、今週も元気に肌蹴てました。
頑張れ・・・保坂!!!

theme : みなみけ~おかわり~
genre : アニメ・コミック

レンタルマギカ 第15話

全ては猫屋敷のために・・・
今回の話は、前回同様猫屋敷ファンを充分に楽しませてくれるものでした。
neko1.jpg
猫屋敷さん・・・実は巨乳(笑)
neko2.jpg
・・・と思ったらこの子達でした<当然だ!
neko3.jpg
麗しの水着姿・・・それは・・・
neko4.jpg
褌!!・・・しかも高貴な色・・・紫でしたぁ~!!


・・・と、今週はコレだけで・・・(笑)
内容に関しては・・・前半のドタバタに比べて後半はかなり急いで事件(?)を解決。
そんな印象が残りました。
って言っても・・・やっぱり猫屋敷さんの艶姿(笑)に勝るものなし!!!

theme : レンタルマギカ
genre : アニメ・コミック

しおんの王 第13話

悟めぇ~・・・本気で悪いヤツだなぁ~、アンタは!!

紫音の心を手玉に取ったよ・・・コイツ!
でもね・・・松風だから実はいっぱい出て欲しかったり(笑)。

紫音は悟に敗北し、歩は安岡に敗北する。
そして二階堂も・・・もちろん羽仁名人に負けてしまう。
スポンサーの思惑とは全く逆に3人娘は負けてしまうのだった。
しかし、敗者復活戦がある。

紫音&歩は危なげなく敗者復活で勝ち上がる。
だが二階堂は・・・
まだまだだね・・・この人。
心が弱いよ。
っつ~か、背負っているものがなさ過ぎだよ。
だから弱いんだって事に気づかなくちゃね。

その日の夜・・・
真の隠れ家(ちょっとエロい想像しちゃったよ)で悟と真は・・・。
いや・・・別に何も起こらないけど・・・何となく萌える。
そこで口のうまい悟は兄のケータイを使って二階堂にメールを入れる。
もちろん兄・真の名前で・・・。
メールをもらった二階堂も、一応は不審に思ったもののメールのとおりに翌日、歩の母の見舞いに代理として赴く。
しかし、そこで二階堂と歩が鉢合わせ・・・。
少年・歩くんモードのときに二階堂に会ってしまったのだ・・・。
ギャー!!
歩くん大ピンチ!!!

せっかく紫音と仲良くなって、安岡にも気に入られ・・・いい感じだったのに。
安岡はその昔、歩の師匠・神園に勇気をもらったのだ・・・という。
歩には、安岡が自分に対してそんなによくしてくれる意味がわからなかったが、その事を聞いて納得したようだった。
安岡は神園にしてもらった恩を、弟子である歩に返したかったのだろう。
そして娘・紫音の友達であればなおさらのことだ。
この辺の人間関係は観ててホッとするね。
とくに紫音と歩の関係はものすごくいいと思う。
しかし、それをぶち壊すような事件が今回、起こってしまったのだ。
それを引き起こしたのが・・・他でもない、悟である。
二階堂が変に立ち回らなければいい・・・と思うのだが、そうは行かないのだろう。

それにしても、この番組は面白い。
毎回書いてるけど・・・どうして人気が出ないんだろう。
こんなに面白いのに・・・。
放送している局が少ないのかな?
全国的に放送すれば・・・もっと人気・・・出ないか?
やっぱり将棋ってのが・・・地味なんだろうなぁ~。
アタシも将棋は好きじゃない。
囲碁の方が全然面白いって思う。
だけど、この作品は面白いんだよなぁ~・・・何となく。


そぅそぅ・・・
最後の最後のもう一言!!
悟はホントに悪いヤツです!!

theme : しおんの王
genre : アニメ・コミック

シゴフミ 第3話

ある意味とても残酷な話だった。
これ・・・なんとなくまた続きそうだね。

フミカ・・・もともとは人間だったみたいじゃん。
おまけに父殺し?
要という登場人物の知り合い・・・???
その父親は警察のお偉いさん?
野島刑事・・・だよね?
ってか・・・野島昭生なんだけど・・・。
野島さん・・・最近、結構いろんなとこに出てるよね。
いいねぇ~。
スラップスティックファンとしては嬉しい限りです。

今回の話は千ちゃんと呼ばれる少年がある日突然 自殺をしてしまう。
その少年の父親が、自分の息子に自殺する理由なんて有るはずがない・・・と学校に押し入り、息子のクラスの生徒を盾に立てこもる。
そこへフミカが現れ、シゴフミを届けに来る。
シゴフミって、死んだ人が誰でも出せるわけじゃないんだね。
当選・・・って言ってたから、宝くじ的なものなんだね。
千ちゃんも当選したからシゴフミを出すことになったんだね。
それも、自分の父親ではなく小竹に・・・。
小竹は自分と千川が友達だったのかすら確信が持てなかった。
だが、シゴフミが届いて友達だったんだ・・・と思えた。
小竹がシゴフミを読もうとすると、千川の父親は『声に出して読んで欲しい』と懇願する。
その手紙には・・・
自殺の理由が書いてあった。
だが、ハッキリした理由はなく、そういう気分だっただけ・・・
千ちゃんは・・・飛べちゃったんだ・・・

そこへ機動隊が突入。
千川の父親は逮捕。

しかし、要はフミカを追って屋上へ走る。
そしてフミカのことを三河(美川?)と呼ぶ。
これ・・・解明されていくんだよね?
あとベッドの少女も・・・。
なんか・・・楽しみだな・・・。


最後に・・・
3人の中心となる少年たちの名前が有楽町線の駅名だったのは・・・笑えたよぉ~!!
千川・小竹・要(町)

theme : シゴフミ
genre : アニメ・コミック

機動戦士ガンダム00 第15話

ルイスって・・・いつでもアタシをイラつかせる。
ってか・・・この子はこの話に必要?
どんな風に必要なのか・・・アタシには理解できない。
ルイスファンには悪いけど・・・。

ところで合同演習が始まった。
そこへアレルヤ&ロックオンが・・・
キャー!!
アレルヤがロックオンを乗せてるよぉ~!!
なんだか解らんが・・・変に萌える(笑)

ロックオンの射撃後、離脱を試みようとした2機は攻撃を受けてしまう。
360度からの攻撃になすすべもなく、じっと耐える二人。

コーラサワーは高山みなみに男にしてもらうらしい。
全く・・・情けないことこの上ないな・・・コーラサワーは!
でも、きっとこういうところがコーラサワーファンには人気なんだろう。

そして、刹那&ティエリアも参戦。
離脱ルート確保のためヴァーチェはGNバズーカを撃つ・・・。
ロックオンたちはプランB2に移行したことを知り、離脱を再び試みる。
が・・・アレルヤの天敵(笑)がやってきてしまう。
あっという間にブラック降臨!!
ハレルヤとアレルヤは出入り自由自在?
っつ~か、ハレルヤが自由自在なのか?
ピーリスは、キュリオス(羽付)を見つけ、ボコボコに・・・
そして捕獲・・・ということろで、グラハムの部隊の中からジョシュアが編隊を離脱して全てをぶち壊す。
グラハムはガンダムを見つけ捕獲しようと・・・
ロックオンは長時間の先頭で指先の感覚がなくなっている。
そこへグラハム登場。
抱きしめたいな!ガンダム!!!
まさに・・・眠り姫だ!!

・・・グラハムは別にエクシアじゃなくてもいいんだね。
ガンダムなら何でもいいんだね。
ってか・・・メカ相手に言葉攻めですかぁ~?

そしてその頃・・・
エクシアはモビルアーマーと対峙していた。
そのモビルアーマーには・・・サーシェスが搭乗していた。
機体だけ残して消えちゃいな!クルジスのガキがっ!!
元カレの腕の中で(笑)死を覚悟したそのとき・・・空から新たなガンダムが舞い降りる。
黒いガンダム・・・
その姿に心奪われる刹那。
っつ~か・・・みんなガンダムなら何でもいいのかよぉ~!
刹那でさえ、『オレのガンダム』ってエクシアのこと言ってたくせに、黒くても何でもいいのかよ!
むむむ・・・ちょっと興ざめだな。
ガンダムは何でも一括りってことなのか?
なんかそういうの・・・ちょっと・・・。
ガンダムはやっぱり1機がいいよな・・・。
まぁ、これはかなり個人的な考えだけどね。

これからどうなって行くの?この話・・・。
話の本筋よりもロックオン様に執着しそうな今日この頃です。

theme : 機動戦士ガンダムOO
genre : アニメ・コミック

灼眼のシャナⅡ 第14話

立ち上がることも出来ないほど憔悴してしまったフィレス。
そのフィレスの目的は、悠二の中の[零時迷子]・・・の中にいる恋人・ヨーハンを取り戻すことだった。

零時迷子発動時刻に佐藤の家に集められる面々。
しかし、その場にシャナはいなかった。
シャナは、吉田を迎えに行っていたのだった。
吉田との間の絆は、彼女にとってとても重要なものになっているようである。

また、吉田は・・・自分だけがただの人間であることがコンプレックスのようである。
いや・・・ただの人間でいるほうが何倍も・・・いいんだよ!吉田!!
なんか勘違いしているんじゃね?
いやいやいやいや・・・
この番組の世界観だったら・・・そして、自分の周りが人間に見えて人間じゃないなら・・・自分もそうありたい・・・と願うのが道理。
あたかも、「ドラゴンボール」ワールドにおけるヤムチャ&クリリン的発想だ。
彼らもまた・・・作品終了時まで苦悩し続けたのだから・・・。

その吉田を迎えに来たのがシャナだった。
吉田とシャナが手に手を取って佐藤に家に現れたことに一同は戸惑いを隠せないようだった。
お前たち・・・いつの間に・・・?みたいな空気が流れた(笑)。

結局、悠二の仲の零時迷子には、何か別の力が加わっている・・・と言うコトが判明。
しかし、それが何であるのか・・・また、誰が掛けたものなのか・・・と言うコトは全く判らなかったのだ。


翌日、清秋祭最終日・・・
吉田はフィレスに一緒に清秋祭を回ってほしいと頼む。
フィレスも快く承諾。
シャナと3人で構内を巡り、何とかフィレスと分かり合おう・・・と努力する吉田。
そして・・・分かり合えたかのように感じたそのとき・・・
フィレス本体の降臨・・・
あぁ・・・平和的解決が目前だ・・・と思われた一同の目の前にに凶暴な心を持つ本物のフィレスが・・・。
っつ~か・・・学校がまた壊れちゃうね・・・。

ところで、田中はオガちゃんと手・・・繋いでましたがな!
オガちゃんを失ってしまうことが自分にとってどれだけ大きなことなのか・・・を理解してしまった田中は、もうマージョリーの元には戻らないだろう。
マージョリーの元に残るのは・・・佐藤一人だけだ。
佐藤は本気でマージョリーのこと・・・好きだもんなぁ~(笑)。
アタシはそんな佐藤が大好きだよ・・・マジで。

そして・・・そろそろ正体を現しそうですな・・・近衛は。
あの怪しげなブレスレット・・・光を放っておりました。
まぁ、そのうち全てが明らかにナルト思うので・・・。

ここんとこ、結構いいスピードで展開している気がします。
それでも池くんは・・・相変わらず蚊帳の外なのでした~。

theme : 灼眼のシャナⅡ
genre : アニメ・コミック

彼氏彼女の事情・・・を全部観ました(T_T)

全話観終わって、なぜウチにこれのコピーがないのか判明しました。
あぁ・・・やっぱり・・・。

途中までは死ぬほど面白いのに・・・
なぜ後半、こんな風にしちゃうんだろう・・・。

途中で飽きちゃうのかな・・・作るの。
いつもこうだよね・・・この監督さん・・・。

その辺が大地丙太郎サマとは大違いなんだよね。
大地サマがお作りになった『フルーツバスケット』『こどものおもちゃ』は、結末は原作とは違っているものの、アニメらしい終わり方でとてもよかった。
同じ少女マンガ原作・・・という題材なのに、ここまで違うなんて。
まぁ、それが個性なんだろうけど・・・

とにかく・・・
全部保存してあったけど・・・削除しようと決意した。

彼が作り出す世界観は・・・アタシにはわからないな。
きっとアタシが子供なんだろう・・・。


鈴木千尋さんが演じる有馬総一郎は・・・本当に大好きでした!!
ありがとう・・・千尋さん♪
本当に本当に・・・ありがとう!!

theme : アニメ
genre : アニメ・コミック

CLANNAD 第14話

番組のOPが好きでたまらない。
好きなアーティストが担当している以外で、こんなにOPやEDにハマることは・・・ない。
この番組のEDは個人的にはNGだけど、OPは好き過ぎるほど好きだ。

さて・・・

ことみの家の庭を整備していた朋也。
古河たちの協力も得て美しく整った。
その庭で居眠りをしていた朋也は、全てを思い出したようだった。
あのことみの誕生日のことも・・・全て思い出した。

だいたい知らない子の誕生会に行くなんて・・・まして小学生の男の子が女の子の誕生会に行くなんて・・・ほぼありえない。
それで自分自身も[友達を連れて行く]といった手前、誕生会に行くことができなかった朋也。
しかし、夜になってやっとことみの家に行って謝ろう・・・と決意する。
そして、彼がそこで目にしたものは・・・
炎の中で泣いていることみ・・・。

ふと目が覚める朋也。
おとといはうさぎを見たの・・・
きのうは鹿・・・
きょうはあなた・・・
あなたはともやくん・・・

ことみはずっと朋也を待っていたのだった。

ことみの誕生日、みんなが出迎える中・・・ことみは登校する。
古河たちは[ヴァイオリンプレゼント券]を渡した。
そして、先生がことみの後見人が学校に来て、渡すものがあるらしい・・・と告げる。

そこでことみが受け取ったものは・・・
父親のカバンだった。
そのカバンの中身は・・・
論文が入っていると思っていたカバンの中身は・・・ことみが誕生日プレゼントにねだった熊のぬいぐるみだったのだ。
そして手紙が・・・
もし、あなたがこのスーツケースを見つけたら・・・娘に届けてください。
論文が入っていると思っていたカバンにはぬいぐるみ・・・では、論文の控えは?
やはりことみが燃やしてしまった封筒に控えが?
しかし、論文に控えは存在しなかったのだ。
あの燃やしてしまった封筒には、熊のぬいぐるみのカタログが入っていたのだという。
父は本当にうれしかったのだろう。
娘が初めて自分からねだったもの・・・例えそれが本心からでなかったとしても・・・。
そしてことみは両親からの手紙を読む・・・
大切な論文を捨ててまで両親が守ろうとしたもの・・・
それは娘へのプレゼント・・・そして心・・・。

いい両親だな・・・ホントに。


その後、ヴァイオリンが出来上がった時点でパーティー(のようなもの)が催される。
まぁ、この辺は・・・割愛?

とりあえず、心のけじめがついたことみは、新たな一歩を踏み出すことができたのだろう。
よかった、よかった。


っつ~か・・・何でこのアニメでこんなに泣くんだろ・・・。
はぁ~・・・
能登さんと中村さんの演技が上手すぎなんだよ!!
話の盛り上げ方もすごくいい。
話のスピードもとてもいいと思う。
だれるところがない・・・様な気がする。
この後は・・・古河の話になるのか?

theme : CLANNAD
genre : アニメ・コミック

ウエルベールの物語 第二幕 第3話

死神蜂の刺青をした男たちを探して一行がやってきたのはティビニアの首都ルクス。
ここにロイという死神蜂の刺青をしているらしい男がいる・・・という。

ジンは、みんなでその家に行こう・・・というのだが、ティナは自分の問題だから一人で行きたい・・・という。
いや・・・じゃあ一人で旅に出ろよ・・・とか思ってしまった。
旅は一人じゃ嫌なのに、肝心の死神蜂の男に会いに行くのは一人がいいんだ・・・。
それ・・・あまりにも勝手過ぎるよ、ティナ。
だが、リタはそれを許してしまう。

ティナが訪ねたその家から出てきたのは、目が不自由な老婆だった。
どうやらロイの母親のようだった。
そして2階から少年が・・・。
その少年は父親(ロイ)から手紙が来た・・・と言って、たどたどしい口調で読み始めた。
何かがおかしい・・・と感じたティナだったが、白紙の手紙ほ見た瞬間 全てが判ったようだった。

ロイは既に死んでいた。
だが、それを母親に知らせるには孫である少年はあまりにも幼すぎた。
「おばあちゃんが可愛そうだ!」と・・・。
まぁ、確かにな・・・。
老い先短いんだから、知らなくてもいい事も多いだろう。
少年は全てを背負い、祖母には真実を話さない・・・と決意しているようである。

翌日になっても帰らないリタたちは、ティナのことを心配していた。
だが、ティナが帰って事実を知ると・・・次の男を探し出す旅に出るのだった。


ところで・・・
序盤にガラハドがティナになんか言ってたね。
ティナのみねうちショットって、弾がみねうち弾なの?
何?その弾!!
そんなんで実弾が撃てるのか?的なことを言ってたよね・・・ガラハド。
うぅ~ん・・・益々謎だ・・・みねうちショット(笑)。

そして次回予告で・・・ジンはとんでもない行動に出たような気がするんですけど・・・。
えぇぇぇぇぇぇっ!!!
ジン・・・暴挙だよ!
気持ちは判るけど・・・それ、多分ムリだから!!
っつ~か・・・ティナはガラハドを好きになる・・・と思う。
あ・・・違った・・・。
既にティナとリタはLOVEだった(笑)。

theme : ウエルベールの物語~Sisters of Wellber~
genre : アニメ・コミック

素敵探偵ラビリンス 第15話

晴嵐はやっぱりへなちょこだった・・・
いや・・・実際、前回の話でちょっと気づいたんですが・・・あえて触れずにおきました。
何かの間違いなんじゃないか・・・と希望的に考えて・・・。
しかし、それは全く間違いではなかったです。
彼は・・・紛れもなくへなちょこでした。
カッコイイのにね・・・いや、だからこそのへなちょこぶりなのかもしれない・・・と、また希望を述べてしまう今日この頃。

自分の能力に気づき始めた繭樹。
そこで、自分のするべき事・・・を模索し始める。
この能力を使って人々を助けたい・・・むむむ、正しいことだと思うけど、周りはそれを受け入れるのか?

ところで・・・
晴嵐がムダに肌を露出している気がしてならない。
まるで保坂先輩のようである。
そんなに安っぽく見せないで欲しい・・・と願うのはアタシだけ?

あとは・・・
チビチビ晴嵐がかわいかった。
どうにも・・・我慢の限界がすぐそこまで来ている気がする。
あのかわいさは・・・反則だと思う。
そしてなぜか声を・・・諏訪部さんがそのままやってるってのが・・・すごい。
諏訪部さん・・・超すごい!!
繭樹は犯罪的なかわいさだ。
晴嵐とは別の意味で・・・かわいい。
無垢という言葉がピッタリだ。
この2人・・・こんなに昔からの付き合いなんだね。
っつ~か・・・年の差何歳なのぉ~!!
あんな子供時代の晴嵐に赤ちゃん繭樹を預けちゃう辺り・・・すごいよ。
フツーは・・・乳母だろ、預けるなら・・・。
まぁ、そんな事はどうでもいい。
このアニメにそんな常識的な観念は・・・ないとみた。
美味しけりゃいいじゃん!的な見方でいい・・・。

とにかく、今回は色々判って面白かった。
っつ~か・・・既にスパートが掛かってるんでしょうか?

あとは・・・
セイジュのオスカル風のお洋服・・・どうにかして欲しいんですけど!!
ってか・・・それでいいのか・・・この番組は(笑)。

theme : 素敵探偵ラビリンス
genre : アニメ・コミック

レンタルマギカ 第14話

猫屋敷・・・猫屋敷・・・猫屋敷・・・どこを切っても猫屋敷!!
とにかく全編 猫屋敷でした。

彼の過去も少しだけ判りました。
みかんちゃんのことも・・・。

圭は結局・・・猫屋敷のことが好きだったんだね。
憧れと共に・・・猫屋敷のことが大好きだったんだ。
だから自分たちの元を離れていった猫屋敷に対して辛く当たっていたのだろう。
・・・ふっ・・・子供だな・・・圭・・・。

猫屋敷は大人だから、圭の気持ちを察してそれなりの行動に出る。
審判を任されたいつきも、二人の戦いを見守った。

最終的に星祭は成功し、圭も・・・助かったようである。

とにかく・・・
開眼猫屋敷・・・むっちゃカッコいいんですけど!!
今度・・・猫屋敷を描いてみたいな。
頑張ろう・・・。
でも、ほとんど白だから・・・逆に難しいかもだな・・・。

theme : レンタルマギカ
genre : アニメ・コミック

みなみけ~おかわり~

~おかわり~になって、やっと保坂先輩登場!!
はぁ~・・・
一瞬でもいいです・・・毎週出してください・・・お願いします。


話の筋は・・・
番長復活!
ホントは番長じゃないけど、春香が学級委員長の任を打診され、それのウワサが尾ひれ付きで夏奈の学校にまで届き、藤岡を巻き込んだ騒動となってしまう・・・というものだ。
夏奈の暴君ぶりに全く呆れず、夏奈に従う藤岡・・・
アンタ、どんだけ夏奈のことが好きなんだよ!!って言ってやりたい。
いや・・・まぁ・・・かなり好きなんだろう。
ただの球蹴り番長なのに・・・。
まぁ、それも彼女たちが勝手に命名したんだけどな。
素直に窓を磨く藤岡・・・可愛いぞ。

そして千秋のクラスでは・・・
先生がハムスターを実家から持ち帰ってくる。
千秋は知識が豊富なので、ハムスターの飼い方を的確に指示して子分たち(笑)に色々と命令を下す。
姫命令であるがゆえ、回りも全く断れない。
まぁ、冬馬は「何で?」だったようだが、姫命令だ!という一言で素直に従ってしまう。
千秋・・・結構好かれてるじゃん。
きっとみんな千秋が大好きなんだよね。


とりあえず、今回は保坂が無意味に脱いでいたシーンが忘れられない。
保坂・・・頑張れよ!

theme : みなみけ~おかわり~
genre : アニメ・コミック

墓場鬼太郎 第1話

野沢雅子さん・・・やっぱりあなたの声は鬼太郎にぴったりです。
いままで、野沢雅子さん・戸田恵子・高山みなみさん・・・と来ましたが、やっぱり野沢さんがぴったりだと感じました。
というか・・・野沢さんはすごいですよ、全く!!


さて、番組内容のほうですが・・・
『墓場鬼太郎』は『墓場の鬼太郎』よりも古い作品。
とりあえず、アタシですら生まれていない頃の作品だそうで・・・。
現在[鬼太郎]といえば『ゲゲゲの鬼太郎』ですが、『墓場鬼太郎』が一番古いわけですから・・・ホントに元祖!というべき物なんだと思います。
この作品は、鬼太郎の親父がなぜ目玉なのか・・・とか、鬼太郎の左目がつぶれていることとか・・・そんな謎が解き明かされる作品であることも間違いないでしょう。

ただ、時代背景がかなり古いので、現代のアニメファンにどのくらい受け入れられるのか・・・理解されるのか・・・というのが心配です。

スティーブが言っていましたが、これでもかなり今風に、そしてさらっと流せる感じでアレンジされているようです。
本物はもっとおどろおどろしい作品だ・・・ということです。

とりあえず、暫く視聴してみます。

theme : 墓場鬼太郎
genre : アニメ・コミック

メジャー 4th 第2話

入団テスト第1次試験に合格した吾郎だったが、第2次試験はまたしても難関となった。

それは1Aチームとの対戦。
それも10点ビハインドというハンデ戦であった。

何とか自分をアピールしたいと思うテスト生たち。
しかし、試合には勝てっこない・・・と最初からあきらめムードがぷんぷんだ。
だが、そんな中吾郎だけがこの試合に勝とう!と懸命にプレイするのだった。

また、球団側も吾郎だけがこの試合の本当の意味を理解している・・・とかなり物分りがいい様子。

同じテスト生の中にも溝ができていた。
協力し合い頑張ろうとするヤツ、吾郎を目の敵にしているヤツ・・・
しかし、この番組の性格上、最終的に吾郎を中心として一致団結し勝利をもぎ取ることだろう。

すでに先が読めているにもかかわらず、ついついこの番組を観てしまうのは・・・すでに中毒になっているんだと思います(笑)。
わかっちゃいるけどやめられない!!
そんな気がする今日この頃です。

この第2話で始めてOPが流れた。
やっぱりこの番組のOPはロードオブメジャーじゃなくちゃだめだ!!と思った。
何で解散しちゃったんだよぉ~!!
大好きなのにぃ~!!

theme : MAJOR メジャー(サンデー連載中)
genre : アニメ・コミック

PERSONA-trinity soul- 第2話

子安 喋り捲りぃ~♪
うきゃきゃ♪

こんなにカッチョいい子安は久しぶりなんで、すっごく嬉しいですよ。
いや・・・おとさんもカッコよかったけどね・・・すぐに死んじゃったし・・・。


第1話の最後で、慎は自分の中から何かが出てきたことを知る。
今まで夢で観てきたことが現実になってしまったのだ。

翌朝、諒に慎はこの街を出て行け・・・と言い放つ。
訳が解らない慎。

警察での諒の立場は・・・結構危ういものだと思う。
所長としての能力はあるのだろうが、信用度が低いようだ。
憎まれ役・・・と言ったところか。

新しく転入した学校で・・・
影抜きという怪しい遊びがはやっていた。
誰もが意味もわからずに、ただ快楽のためにだけその遊びを秘密裏に行っていたのだった。
だが慎は・・・特Aレベルと呼ばれるペルソナの持ち主(?)である。
しかし、自分の体から出てくるアレが何なのか・・・未だに全く理解できていない。
学校のクラスメイト(サカキバ)に影抜きをして欲しいと頼まれる。
一度は断るのだが、断りきれずに影抜きをしてしまう。
だが、その影に対して危険を感じたのか、慎のペルソナが発動してしまう。

その後、守本がサカキバに影抜きを頼む。
ところがそこに茅野が現れ、食事に行くことに・・・。
そして茅野は神郷も呼んで4人で食事に・・・そしてカラオケ。
トイレに立った茅野と守本だったが、男達に襲われてしまう・・・。


話全体がダークな感じ。
そして淡々と進んでいくところがかなり大人向けだと思う。
色もかなり抑え目だし、とても見やすい。
これがどのように盛り上がっていくのか、全く解らないが・・・。
っつ~か・・・盛り上がるの?ホントに・・・。

そういえば・・・
緑川様やっぱり出てましたぁ~♪
まだ電話だけなんで・・・ちょっと詰まんないんですけど。
けど、子安と緑川の掛け合いは・・・たまりませんな。
それだけでも観る価値あります・・・アタシとしては。

theme : PERSONA -trinity soul
genre : アニメ・コミック

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

こじこ

Author:こじこ
分類:おたく目 腐女子科 主腐
分布域:秋葉原・東池袋
主食:菓子類

多方面にオタクパワー発揮中。

現在視聴中(再放送含)

夏目友人帳 参/TIGER & BUNNY/セイドリックセブン/青の祓魔師/うさぎドロップ/No.6/異国迷路のクロワーゼ/うたの☆プリンスさまっ/バンブー・ブレード/鋼の錬金術師FA/鋼の錬金術師/機動戦士ガンダム00 2nd/銀魂/NARUTO 疾風伝/灼眼のシャナ2/仮面ライダーOOO/THE 鉄腕DASH!/さまぁ~ずXさまぁ~ず/モヤモヤさまぁ~ず2/内村さまぁ~ず/ぐるナイ/BONES 5/24 第4・第7・ファイナルシーズン/THE MENTALIST シーズン2/スーパーナチュラル シーズン2・4/荒川アンダーザブリッジ/ジウ/THE EVENT

最新脳内環境

トラックバック

TBのお返しは、基本的にしているつもりですが、何らかの事情で送れない場合もあるようです。どうか御了承ください。

旅の扉

★ 常時 相互リンク受付中。どうぞよろしく♪

カテゴリー

月別アーカイブ

花個紋

毎度ありがとうございます

現在の閲覧者数:

しろたん❤

ギレン(?_?)

ドラクエLOVE

おジャンプ様

amazon今日の新刊コミック

ときメモGS 1st Love

こじこは犬派です

小動物も…魅力的

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。