08
2
3
5
6
9
10
11
16
17
20
22
23
24
25
28
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のどか森の動物大作戦

のどか森の動物大作戦

1980年・日本アニメーション作品
原作:ボイ・ロルンゼン



先日CSで放送されたので、しっかり録画いたしました。
このアニメは、リアルタイムで見ることができなかったのですが、OP・ED共にスラップスティックが歌っているということで、番組タイトルだけは知っていました。
そしてレコードも…持っていました。

今回初めて…30年近くたって初めてその番組を見ることができ、本当に幸せです。


話の内容は単純で、人間たちが金に目がくらんで森の木を売り飛ばそうとする。
ところが、森の動物や妖精(主人公)がそれに反対して何とか阻止しようと孤軍奮闘するという話である。
だが30年前のアニメなので、もちろん現在の売れっ子声優さんたちは一人も出演していない。
主役の妖精の声を野沢雅子さんが担当している。
他には肝付兼太さん、松島みのりさん…なんかもいらしたと思う。
今でいう大御所の声優さんがずら~っと出演されている。

古い作品なので、今の美しい作品に目が慣れてしまっている子供たちに無理やり見せたい!とは思わないが、機会があったらなんとなく思い出してほしい。
こういう単純で素直な作品を子供の頃にたくさん見ておくことも大切なことなんじゃないのかな?って思ったりする。
別に現在のアニメを批判しているわけではありません。
流行ばかりを追いすぎて、いい作品というものの本質を見失ってはいけないような気がする…と思っただけです。

まぁ、[いい作品]というのも個人差がかなりあると思うので、一概には言いきれないですけどね。

とりあえず、スラップスティックの事とか、古い作品とか…アタシの心が動いたので一応ここに記したかったのです。
スポンサーサイト

theme : アニメ
genre : アニメ・コミック

仮面ライダーディケイド 最終回

やはり…やはりの結末…(T_T)

ここまで頑張って視聴してきたのに、やっぱり結末は劇場で!なんですね。



はぁ~…

theme : 仮面ライダーディケイド
genre : テレビ・ラジオ

こんにちはアン 第22話

アンは9歳になっていた。

ある日、雑貨屋へ小麦粉を分けてもらいにやってきた。
バートの噂はこんなところにまで…っつ~か、相変わらずお仕事ができない状態のようだ。
そこへやってきたのは…市長夫人。
風邪薬を買いに…しかし生憎、雑貨屋には薬を置いていなかったのだ。
だがアンは、雑貨屋の棚にある薬草が風邪に効くのだ…と説明すると、市長夫人はその薬草を買うことに。
ってか…雑貨屋はなんでその薬草を店に置いていたんだろう。
ただ単にお茶として飲むため?
知識が乏しすぎるぞ!!


家に帰ったアン。
雑然とした家の中。
そこへやってきたのはノア。
彼はこの家でたった一人、アンの心のよりどころのようだ。
自分が立ち会って生まれたノア。
自分が名付け親ということもあるのか?
ノアとおしゃべりをしていると、ランドルフとミルドレッドがやってきました。
彼らは、アンに勉強に関するノートや資料を届けてくれているらしい。
もう2年も学校に行っていないアンだが、勉強に対する意欲は…決して消えていないようだ。
だが、家事でくたくたに疲れたアンは、せっかくの本も読めずにもどかしい日々を送っているようだった。

翌日…
自分が一人、取り残されていく絶望感に襲われていると、外から大声が聞こえてきた。
アンは声の主のもとに…。
すると、馬車が雪にはまって立ち往生していた。

アン…馬と会話ができるみたいです。

馬車の主とアンだけでは、なかなか馬車は動こうとしない。
そこで野バラちゃんの力を借りることに。

トーマス家の馬車馬・野バラちゃん。
馬車馬2頭と男1人少女1人。
馬車は何とか雪から抜け出すことができた。
馬車の主の青年・スコットはアンにお礼といってメープルクッキーを差し出した。
そこでアンは、彼をお茶に招待したのだった。

先ほど、彼の馬車馬に名前をつけたアンだが、その名前の由来を彼は聞いた。
するとアンは、ブラウニングの詩から取ったのだ…と。

彼は、自分にとっての恩師・ウォルター・シャーリーとアンが似ている…と。

神様が落とし物をしたのよ。
それを今 拾った気分だわ!


父・ウォルターの事をよく知るスコットとの出会い…

次の曲がり角を曲がったら、全く別の人生が…
この言葉に支えられ、彼はずっと生きてこられたのだと。

ここら辺で号泣しちゃいましたよぉ~!!

そして[波間に浮かぶゆりかご]という謎の言葉をウォルターが残していたのだ…と。


今の自分の生活は永遠に続くものではないと、希望をもちなおすアンだった…が…

アンを探して家から出てきたノアは…なんと、屋根から落ちてきた雪の下敷きになってしまったのだ。
まだ事実を知らないアン…
なんとなくノアの声が…と気づいたものの…



トーマス家に更なる悲劇が?!




相変わらずホーレスたちはダメなやつらだ。
こんなダメなやつらが学校に通って、アンが通えないというのは、カナダでもこの時代は完璧な男尊女卑だったということが解る。
以前、アンが学校へ行きたがっていた時も、女は結婚して子供を産んで家事をしていればいいと町の大人は言っていた。
どこの国も…同じなんだなぁ~。
ホーレスたちは、自覚が足りない。
自分の家がこんなに大変なのに…少しは家の手伝いをすればいいものを…
そしてそんな息子たちを全く叱りつけないジョアンナにも疑問が残る。
家事は女がすること。
たとえ子供でも男にはさせなくていいこと…と思っているのだろうか?
そんなこと…言ってる場合じゃないと思うけどね。



それにしても、ミルドレッドはあの事件以来、アンと好意にしているようである。
また、アンが家の事で大変で学校に来られないからと、ランドルフと共に訪れるなど、以前は全く考えられないような行為だ。
それでも、だれもアンの代わりはできないし、ただ見守るだけ。
ミルドレッドの口から『手伝えることは?』というセリフが出たのには驚いた。
雑貨屋で彼女の母親とアンの会話から解るように、アンは一目置かれた子供のようである。
ただ境遇が…
そして誰も手を差し伸べてやれないというのも事実なのだろう。

アンはヘンダーソン達の誘いを断って、一度も後悔したことないのかなぁ~?
アタシだったら…間違いなくヘンダーソンについて行っちゃうけどね(笑)。

theme : こんにちはアン
genre : アニメ・コミック

ペ様のアニメ化

『冬のソナタ』がアニメ化されるらしいね。
なんか…笑える(当社比)


公式サイトに行ってみたんだけど…ペ様でした…完全に!!



っつ~か…誰が見るんでしょうか?
ペ様ファンのおば様たち?


アタシはおば様だけど、ああいった人たちには全く関心がない。
大体、アタシの周りにそういった趣味の人がいないってのも…もちろんある。
まぁ、誰が誰を好きになろうと自由だけど…なんでアニメ化?
おば様たちがアニメに食いつくとは…到底思えない。
食いつくの…かなぁ~?

まぁ…いいか。

theme : アニメ
genre : アニメ・コミック

トロともりもり



このゲームがやりたくてPS3を買いました!!
9/3に新価格でグレードアップされたPS3が発売になりますが、後悔はしていません!
だって・・・トロのためだもん♪

それにPS HOMEでのラジオ体操イベントは、8/31までだし…。

このゲーム…ホントにかわいい。
トロ好きなら顔が緩みっぱなしになること間違いなし!

radio1.jpg
ラジオ体操後、ウチのしろたんはガンダムと記念撮影とかしてみました。
現在、トロT着用。
トロのお面とトロクロ手旗は継続中です。

theme : ■PLAYSTATION®3
genre : ゲーム

トロの1日駅長

【ニコニコ動画】トロの1日駅長イベントレポート 2009

貼り付けられにゃいので、時間がある人は行ってみてにゃ♪

theme : ニコニコ動画
genre : ゲーム

東京マグニチュード8.0 第8話

道に倒れる悠貴…







結局のところ、点滴を売ったら元気になった。

だが、真理の様子がどうもおかしい。
三軒茶屋の火事の続報を耳にしてから、真理の様子がおかしいのだ。

三茶の火事は、かなり大規模なものだったと報じられている。
真理の様子の変化に未来は、火事のことが原因だと悟り、真理を励ました。

以前の未来からは考えられない行動だ。
未来は悠貴にも優しく接することができるようになっていた。
人として成長したように思う。


真理の家族…心配だ。
でも、最後は『良かったねー』って言いながら終われることを望んでいる。

theme : 東京マグニチュード8.0
genre : アニメ・コミック

Phantom~Requiem for the Phantom~ 第22話

やさぐれてる~!!
やさぐれすぎだよぉ~!!キャル~~~~っ!!



選ばれた女と捨てられたと思い込んでる女…
玲二をめぐる愛憎劇。

っつ~か…どこまでモテモテなんだ?玲二!!


インフェルノに狙われていることがはっきりしたアインと玲二は、志賀を脅迫することにした。
自分たちに手を出せば、梧桐の娘がどうなるか…的な感じ。
志賀は梧桐組を手に入れたかっただけでなく、あの娘も手に入れたいのか?

だが、組織のいいなりになるつもりが全くないキャルは…
再三再四、玲二の前に立ちはだかるのだった。


キャルは心がささくれだってる。
本当の事を知らずにいることが幸せな時もあるし、不幸な時もある。
ただ今回のキャルは…今、本当の事を知ったとしても引っ込みがつかないだろうからなぁ~。
でもさ…なんとなく…ホントになんとなくだけど、まだ本当は玲二の事…信じてるんじゃないのかな?
そんな気がする今日この頃です。

theme : Phantom(ファントム)
genre : アニメ・コミック

城田優 第2回ファンミーティング ごきげんSummer

本日8/28…
三原ジュンちゃんのお誕生日♪

いやいやいやいや…


今日は待ちに待った城田優ファンミーティングでした♪


今日は、城田君…浴衣姿でご登場。
ス・テ・キ…

外人顔(当たり前)なのに、どうしてこんなに浴衣が似合うんだよぉ~!
っつ~か、いい男は何でも似合うってことなんだろうな。
会場にも浴衣姿の女の子がたくさんいたね。
む~ん…ほとんどの人が着つけてもらったんだろうなって感じだった。
アタシに頼んでくれれば…タダでやって差し上げましたのに!(笑)


さて、今日のファンミーティング…。
前半はオールナイトニッポンの収録でした。
いや…実は…家庭の事情でそんな時間にラジオなんて聞いていられないので、一度も聞いたことありません。
若いころは…聞いてたけどね…フツーに。
神谷明・イルカ・あのねのね…。
でも今は…無理。
仕事にさし障るし…(T_T)
まぁ、そんな感じで参加したんだけど、なかなか面白かった。
ゲストのたかのてるこさんとのトークがサイコーだった。
遠藤周作さん以外の本を全く読まないのですが、彼女の
ガンジス河でバタフライは読んでみたいって思った。
とにかく楽しいお話、本当にありがとうございました。


そして、ファンミーティングですが…
内容はとてもよかったです。
しろたん作の曲に涙してしまいました。
すごく良かったよ、あの曲。
っつ~か…早くCDを出してほしいです。
失恋ソングじゃなくて応援ソングもかなりイケますよ。

ただね…ただ…
MCを担当したお笑いコンビがいまいちだった。
話の腰を折りまくり!
ちょっとザンネーーーーン


恒例(?)のツーショット撮影会もあったけど、前回とは全く違い流れ作業だった。
まぁ、始まる前にしろたん自身がそうなっちゃうってことを言ってたから、仕方なかったんだろう。
前回とは違い、今回の人数はね…。

でも、このツーショット撮影会は、ホントにいい記念になるからファンには嬉しいよね。

今後も参加…できるといいなって思う。


しろたんブログ
昨日の事がアップされてます

theme : 城田優
genre : アイドル・芸能

侍チュート(8/25)

相変わらず飛ばしてる…この番組。
っつ~か…あのTVショッピングのコーナーに出てるアシスタントの女の一…最近気づいた…。
[たまえ]ちゃんじゃん(笑)。


今回、なんか懐かしい顔がちらっと一瞬だけ画面に出た。
あぁ…この人…まだ芸能人やってたんだ…とか思った。
全然売れないから、既に田舎にでも帰ったのかと…(笑)。
誰とは言いませんけどね…誰とは(笑)。


この番組って…いつからやってたんだろう。
全然知らなくて…ここ1カ月くらい前から見るようになった。
はぁ~…もっと早く知りたかった。

先日の竹中直人がゲストだった時は、本当にすごかった。
竹中直人…やっぱり凄い。
素人のころから知ってるけど…すごいよ、この人。

theme : チュートリアル
genre : お笑い

宙のまにまに 第8話

姫ちゃんのノートで我に返った朔。
そして文化祭当日。

天文部も、当日ギリギリにプラネタリウムが完成。

スター★シャイニング アストロMAX恒星號!!を完成させた。
あ…

プラネタンと改名(笑)

そして草間は…怪しげなドリンクを手に登場。

出し物コンテスト優勝に向けて一致団結する天文部+江戸川

美星たちは、なんとか人の流れをつかもうと宣伝に向かうのだが、なかなか客を捕まえられない。
そこへ助っ人登場。

♪星っていいなぁ~ ロマンティコ~
いやいやいやいや…
ハルコさん登場。
彼女がちょっとだけ演技して、客をプラネタリウムに向けさせる。



クラスの出し物のために廊下を走る姫。
それを見かけた朔は、思わず声をかけたのだった。
確かに…あのノートで自分に帰った朔だったので、本当に感謝していたのだろう。
恋じゃないのよ!姫ちゃん!!(笑)


プラネタリウムは客入りも上々。
っつ~か…ハルコさん…草間にアタックですかぁ~?



一方、ふーみんは…
VEGAを褒められる。
いつもとは違った思考だ…と。
そして何かに気づくふーみん。


文化祭もそろそろ・・・というころに、子供が二人プラネタリウムにやってきた。
その子達と美星と…そして朔の4人でプラネタリウムを上演。
美星は朔に対して感謝の気持ちをつらつらと言い始める。
寂しかった自分…それが我儘だと解っていたのにあんな態度をとったことを謝った。
だが朔は…そんな気持ちで文芸部の手伝いをしたわけではなかったと、自分を少しだけ責めるのだった。
美星の素直な気持ちを知った朔。
そして子供たちは…無邪気に『今日この星見れるのぉ~?』と。

1個1個教えてあげるねぇ~
いいぇ、それは結構です!!(笑)



プラネタンの撤去。
なかなかできないよねぇ~。
思いがこもってるもんねぇ~。
残念ながらコンテストで上位入賞はできなかったけど、みんな頑張ったもんね。
と、そこへふーみんが…。
天文部前の廊下に荷物が大量に…美星がバザーで購入したらしいが、なぜそこにエリザベスが…???(笑)

小夜の提案で、お月見をすることになった天文部+江戸川
和やかに…秋は深まっていく…。
そこへ草間が、天文部あての手紙をさしだした。
それは…野木城高校天文部・近江あゆみからのビデオレターだった。
内容は…

県内高校天文ネットワーク・秋季観測会へのお誘いでした~♪
しかも、沢城さん???


なんか楽しみだなぁ~。
姫ちゃんとか…結構他の学校の生徒の間で人気出そう。

とりあえず、美星と朔もなんとなく仲直りできたみたいだし。
もどかしいけど面白いね、これ。

そしてやっぱり松風…♪
全てはそのために…。

theme : 宙のまにまに
genre : アニメ・コミック

07-GHOST 第21話

皇帝 VS 教皇

ミカエルの瞳を遣う者=ラグス国王
ということだね。


いよいよ司教試験開始。
バクルスを試しに使ってみると…テイトはまったくザイフォンが出なくなってしまった。
ハクレンは攻撃系ザイフォンのため、テイトにザイフォンを分け与えることはできない。
そこで、なかなか良さ気な受験生が現れ、テイトに少しだけ分け与えてくれるのだった。
癒し系ザイフォンの彼が、テイトに分け与えてくれたのだった。
ミカエルの瞳が発動した折、テイトのザイフォンすべて 使い切ってしまった…って…。
ものすごいんだな…。
っつ~か、効率悪いんじゃ?(笑)

また、年寄り二人…元大司教…が、受験生に交じって様子を見ることに。
って…受験生って子供ばっかりなんですけどぉ~!!
アタシは、変化の術とかで若者になって参加するのだとばかり思ってたけど、まんまでしたがな!(笑)


数々の難問を解きつつ前に進むテイトとハクレン。
ハクレンはテイトをかばいつつコールを退治し、問題を解いていく。
しかし水牢でおぼれる受験生が…
テイトは彼を助けるのだった。
ハクレンがせっかく…ねぇ。

教会では…
カストルとフラウペアの司教試験の話で和んでいる。



テイトとハクレンは試験を進み続ける。
途中、例の老人たちと出会う。
テイトは前に進めずに困っている老人たちを背負い、試験を続けることに。


最後に…
ペア同士が戦うという心憎い演出の試験。
勝った者は勝者の扉へ、負けた者は敗者の扉へ…
ところが、老人たちはここでリタイアするので二人とも勝者の扉へ…と。
だが二人揃って敗者の扉を突き進んだのだった。




そこで待っていたのは…

合格だったのだ。
『人に手を差し伸べること』
それが合格する資格だったのだ。



ところで、フラウのおかげで何度も司教試験を受けなければならなかったカストルがちょっぴりかわいそうだったね。

theme : 07-GHOST
genre : アニメ・コミック

こんにちはアン 第21話

ヘンダーソン先生とエッグマンは結婚して、ヘンダーソンの実家へ行くことになった。


一方バートは…
強盗一味ではないことは判明したのだが、今まで積み上げてきたものすべてを失った。
せっかく紹介してもらってありついたこの仕事も、またこの街での仕事も失ったのだ。
バートは家族を不憫に思ったのか、ジョアンナに子供たちを連れて実家に帰れと告げる。
しかしジョアンナは…
ダメな男に惹かれる女ってのはいるもんで…。
そしてヘンダーソンから一通の手紙が舞い込んだ。
その手紙の内容とは…
アンを一緒に連れて行きたいというものだった。
バートは、この家庭の事情とアンの幸せを考えて、彼女にアンを託そうとするのだった。
十分な愛情、十分なお金…ヘンダーソンと共に行けばアンの将来は明るいものになる。
ただ、ジョアンナに話せば家事をやるものがいなくなると絶対に反対すると考えたバートは、アンに朝早く誰にも見つからないように出て行くように…というのだった。

翌朝…
アンは準備しておいた荷物を持ち、トーマス家を出ようとするのだが…
最後の朝食を彼らのために準備するのだった。

家を出るとヘンダーソンがエッグマンと共に馬車で訪ねてきた。
アンが駆け寄ってくるのを見てすべてを理解したヘンダーソン達は、アンを馬車に乗せて旅立とうと…
ところが、トーマス家の子供たちがそこに現れる。
歩けなかったノアまでが歩き出し、『アン…』と…。


アンはヘンダーソン達との幸せな生活を捨て、トーマス家に残ることを決意したのだった。






はぁ~…
なんだかなぁ~。
トーマス家とヘンダーソン達との生活は雲泥の差だというのに…
何故アンは、ヘンダーソンとの生活を捨てたのだろう。
私なら間違いなくヘンダーソンとの生活をチョイスするね♪
ただ…話はそこで終ってしまうがな。



こうしてアンは辛い道をチョイスしたのだった。
しかし、返せない恩を返すためにトーマス家に残った…といってもいいだろう。

これから極貧生活が待っているトーマス家。
アンも学校には行かれなくなってしまうのだった。
せっかくできた友達も…
どうなっちゃうんだろう。

theme : こんにちはアン
genre : アニメ・コミック

狼と香辛料Ⅱ 第7話

ラブコメ禁止!!(笑)


ほとんどホロとロレンスのいちゃいちゃパラダイスでした。
たまにはいいけどね。

ってか…二人とも大人なんだか子供なんだか…。


そしてラストに謎の女性が現れた。
後半のキーパーソンであろう。



今回はホロの可愛さが思いっきり表現された回だと思う。
かわいいよなぁ~…ホロ。

theme : 狼と香辛料II
genre : アニメ・コミック

東京マグニチュード8.0 第7話

今回は消防庁のロボットたちが大活躍した。
いわばレスキュー隊ってやつだね。

瓦礫の街…そこから少しでも命を救いだそうとする消防庁のレスキューロボたち。
それを一心に見つめていた悠貴は、同じ眼をした少年・健斗と出会う。
健斗は、小学生のころ事故に遭い、両親をレスキューロボに助けられてからロボットが好きになったのだという。
彼は、今回の災害で活躍するロボットたちを自分なりにレポートしていたようだ。


しばらくすると、悠貴の様子が…
先日の野宿で風邪をひいたらしい真理は言うのだが…ホントか?
真理はあわてて薬局に駆け込んだ…が、ほとんどのものは自治体に渡した後だった。

具合が悪いにもかかわらず、目の前を忙しく走り回るレスキューロボに夢中の悠貴。
ついつい追いかけてしまうのだった。
そして…カエルロボと勝手に命名したレスキューロボを触って感激するのだが、消防隊員に怒られてしまう。
するとその時…同じようにレスキューロボを追いかけていた健斗を見かける。
未来が悠貴に追いつく…すると、大きな物音が…
悠貴はその方向に健斗が行ったことを未来に知らせる。
二人は、瓦礫に挟まって動けなくなっているレスキューロボを助けようとしている健斗を発見する。
未来は悠貴に真理を呼んでくるように言い、自分は健斗を助けようとするのだった。



とりあえず事なきを得たのだが、未来は足を負傷する。
未来にとって健斗は…最初はただのロボットオタクと映ったが、結局は自分と同じ年なのにしっかりしている…と心惹かれていくのだった。


未来は家に帰ったら両親に今までとは違ってやさしく接しようと悠貴に宣言(笑)。
みんなで…そう、健斗も交えて、みんなでお台場に…ロボット展に行きたいと話す姉弟。
だが…
朝から具合が悪かった悠貴…
ここでバッタリと路上に倒れ意識をなくしてしまう。
悠貴の名前を叫ぶ未来…




それにしても、悠貴と未来の心が通いあったようで良かった…と思っていたところで悠貴が倒れてしまい、思わず『えぇぇぇぇぇぇっ!!』っとTVに向かって叫んでしまった。
このまま悠貴が…なんてことはないと思うけど、とても心配です。
また、平穏に戻った東京で、健斗と未来がどのようになっていくかも興味津々。
自分はただ毎日を過ごしているだけ…それも、すべて周りのせいにして…自分では何の努力もしていないのに。
それがこんなに自分の道を早々と見つけ、将来を見据えて目標に向かって生きる少年と出会ってしまった未来。
さぞ自分が恥ずかしかったろう。
こういうことが人を変えていくんだと私は思います。

theme : 東京マグニチュード8.0
genre : アニメ・コミック

Phantom~Requiem for the Phantom~ 第21話

キャルが悪い子になってた…(T_T)
あることないこと吹きこまれたんだろうな…。
それと、玲二への愛情を憎しみにすり替えて、今日まで生きてきたって感じか?



ついに…
玲二をめぐって女同士の対決が繰り広げられようとしている。

エレン VS キャル

玲二は罪作りだねぇ~(笑)。



しかし、玲二はあの時キャルは死んだものと勝手に思い込んでいたんだから、仕方がないと言っちゃえばそれまでだ。
ただ…確認はしたほうが良かったね…って、あの状況じゃ無理か。
自分だって追われる身だもんね。


それにしても志賀…図太い奴め!
ガッツリ組を手中に収めてたよ。


これ…結局、どんな結末を迎えるの?
なんか…な悲しい結末っぽいなぁ~。

theme : Phantom(ファントム)
genre : アニメ・コミック

07-GHOST 第20話

ハクレンもフラウもテイトのこと…好きすぎる!!


っつ~か…ハクレンはテイトになんか言われると、すぐに頬を赤らめるよ…まったく!
はぁ~…すごいねぇ~…コレ。
萌え度抜群だよ。



それと今回、ラブちゃんが…無言のプレッシャーをかけてたねぇ~♪
結構やるじゃん。



そぅそぅ…フラウはまたしても殺し文句を囁いてましたがな!
テイトがもぉ…ヤバいです。
ハクレン…ほとんど勝ち目はありませんなぁ~。
それでも好きなんだよね…頑張れよ、ハクレン!



テイト君のミカエルの瞳…取られちゃったねぇ~。
でもそれは、主なくしては何の役にも立たないもの…らしい。
だからこそ、フラウはテイトをチョイスしたのか?
え~、それだけじゃないよねぇー(笑)。

はぁ~…何でもかんでも邪な気持ちで考えちゃ…ダメだよねぇ~。
でも…そう思わせようとしてるとしか思えないんだもん…コレ。

theme : 07-GHOST
genre : アニメ・コミック

宙のまにまに 第7話

朔ちゃ~~~~ん!! どうしたいんだぁ~~~~いっ?!


まさにラブコメ的展開。
腐腐腐……ホントに普段はラブコメって大嫌いなんだけど、なぜかこれはフツーに観られる自分がいて、とっても不思議。
しかもドキドキハラハラしながら観てるよ…アタシ。


草兄の出現で、美星に対する気持ちをやや自覚し始めた朔だが、草兄に対してなんだか嫉妬…。
自分でも何やってんだかわからないみたい。

文芸部の作業中心に文化祭前を忙しく過ごしてしまうのだが…

姫ちゃんが、天文部の作業に参加しない朔のために、作業状況のようなものを日誌というか日記というか…そんなふうに書き記したものを朔に手渡した。
それを読んだ朔は…

自分の気持ちに気付きながらも、どうしたらいいのか分からず逃避に近い状態で文芸部に入り浸っていた気がする。
ちゃんとしなくちゃね、朔ちゃん!



それにしても…草間センセに放浪癖があったとは…
あの状況で美星と出会い、[天使]になったわけだ。
う~ん…メルヘン…ホントか?

でも…アタシやっぱり
松風の声って好き♪
前野さんも相当好きだけど…❤

ところで…江戸川君の声って…[和谷]?

theme : 宙のまにまに
genre : アニメ・コミック

こんにちはアン 第20話

ヘンダーソン先生の様子がちょっとおかしい…。

それは、長い間病気で休職していたこの学校の本当の先生が元気になって復職するのだという。
つまりそれは…ヘンダーソンが学校から去るということだ。
本当の先生よりも代理教師であるヘンダーソンに対する思いが強いのは、アンだけではなかったようである。
この短期間で色々あったもんね。
っつ~か…しでかしたと言うべきか?(笑)

この悲しい気持ちをアンは卵を買いに来たついでにエッグマンに伝える。
ヘンダーソンがこの町の学校の教師を辞め、田舎に帰るのだという。
ソワソワするエッグマン…。
アンがヘンダーソンとエッグマンが結婚すればいいと、子供ながらの無邪気な発言をしたためだ。

アンはヘンダーソンの家を訪ねる。
ヘンダーソンは引越しの準備で大忙しだった…だが、エッグマンのことを考えると…。
するとアンが『エッグマンが結婚の申し込みに来る』とヘンダーソンに伝えたのだった。


しばらくすると、エッグマンがやってくる。
ドアを開けるとそこには…髭を落とし、髪を短くしたエッグマンが立っていた。
えっらい男前なんですけど…。


するとヘンダーソンは…
まだエッグマンが何も言っていないにもかかわらず、結婚の申し込みの話を断った…最初はね。
いや…まだ何も言ってないんですけど…。
でも結局…ヘンダーソンの一人芝居(笑)ののち、結婚したい!と、逆にプロポーズしてしまうのだった。
エッグマンももちろんそのつもりだったので、二人は抱き合った…と、そこへ…買った卵の籠を置き忘れたことに気付いたアンが戻ってきた。
そして幸せそうに抱き合う二人を見つめるのだった。



一方、久々のトーマス家。
バートは倉庫の管理を任されるほどになっていた。
あのパートがねぇ~…。
しかし、そこに付け入った仕事仲間。
結局パートは騙され、倉庫の荷物を盗まれてしまい、すべてはパートが仕組んだことと、彼は捕まってしまう。
平穏な生活が続いていたトーマス家だったが、ここへきて急に不幸のどん底へ落ちそうな気配だ。

次週、アンがパートから何か話されているような予告だったが…
いよいよ孤児院へGO!か??




さて、今回は全39話のほぼ折り返しということで、節目的な話になった気がします。
楽しかった学校生活…ヘンダーソンの退職・エッグマンとの結婚…そしてパートの失態・逮捕。
名作劇場の主人公がいつも幸福ではない…というのは解っているのですが、残り半分、不幸な状況に陥っても、アンはきっと強く逞しく…そして楽しく生きて行ってくれることと思います。

それにしてもパート…
このまましっかり地道に頑張ってくれると信じていたジョアンナがかわいそうだ。
でもね…根はいい人であっても、こういうタイプの人はやっぱり駄目なのかもしれない。

theme : こんにちはアン
genre : アニメ・コミック

涼宮ハルヒの憂鬱 第20話

エンドレスエイト症候群…


ここ2カ月あまり…毎週『エンドレスエイト』を見続けた私は、時間が動き出したこの世界についていけなくなりました。
風のように過ぎ去った体育祭…
そして文化祭の準備期間に突入したこの世界…
しかし…私の頭の中は『エンドレスエイト』のことで相変わらずいっぱいです。

すでに中毒症状を起こしているのかもしれません。

あれだけ辛い…と思っていた8話分…
終わってみると逆に悲しく感じるのはなぜなんでしょうか?
確か…先週…『やっと終わったぁ~…』と喜んだはずなのに…

今週…話が文化祭に移行して、物語が動き出したわけですが、一向にワクワクしないのは…なぜでしょう。

そう…これは明らかにエンドレスエイト症候群だと思います。


昨日から始まった夏コミにも参加せず、ひたすら家でアニメとゲームに明け暮れる日々を送り続けている私ですが、『エンドレスエイト』を週一ペースで見ないことには、何か落ち着かない…。
とんでもないことになったなぁ~…なんて他人事のように思ったりしているわけです。




さて、第20話の話をしましょうか。

SOS団は文化祭で自作映画を制作・発表することになったようです。
前作で唐突に行われていた映画撮影の導入部分を新作で行っている…というわけですね。
今は[映画]といっても本当に手軽にできるようになったなぁ~…と感じました。
家庭用のビデオカメラとPCの存在は、素人に神の技を与えたようなものだ…と思ったりします。
60年代生まれの私には、現代のこの便利な生活が本当に嘘のような気がします。
色々ね…。

とりあえず、機材調達というのが、今回の話。
機材調達に行く前のみくるちゃんの怯えっぷり…なかなかでした。
しかも演技が超下手!!
ってか、ハルヒ相手に演技なんてできゃしないけど。
できるとすれば…古泉君だけだよね。



『朝比奈みくるの冒険』へつながる話?…少し旧作が続くってことかしら?
まぁいいわ。
安心して見ていられるから。


そういえば…
長門は部室の隅で本を読んでいたはずなのに…今回は、みんながいる席で本を読んでたね。

それにしても…
長門は可愛いぜ!

theme : 涼宮ハルヒの憂鬱
genre : アニメ・コミック

Phantom~Requiem for the Phantom~ 第20話

OPがぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!
ALI PROJECTになってるぅぅぅぅぅぅっ!!

うきゃ~っ!!
っつ~か…まだ『地獄の門』すら覚えてないっつーのに…こりゃまた…難しい曲ですがな…。



話…飛んでる???
っつ~か…そういうわけではなさそうだ。
端折ってるだけだった(笑)。

やっぱりエレンと共に日本へ帰ってきていた玲二。
エレンと玲二は兄と妹…という設定?
っつ~か…この学校…何?
制服…パラパラ…。
好きな制服着ていいのか?

そして…玲二はある少女から告白される。
その少女とは…梧桐組組長の娘…美緒だったのだ。

玲二はエレンから追手が迫っているという事実を告げられる。
そして美緒の気持を利用するという。


翌日、呑気な高校生からファントムに戻った玲二。
その玲二の前にバイクに乗った女が現れる。
彼女は…手の中の懐中時計を開き、曲を流す…。
それは紛れもなく、過去の自分がキャルにプレゼントしたものだった。
すっかり成長したキャルが玲二の前に現れる。
これ…薬で成長を早められたってことなの?
胸が異常に成長してますかけど…しかも、顔つきも全く違うんですけど!

キャルはおそらく…サイス&インフェルノから送り込まれた刺客…。

はぁ~…
どうなっちゃうの?これ!!

theme : Phantom(ファントム)
genre : アニメ・コミック

狼と香辛料Ⅱ 第6話

ロレンスとアマーティーの勝負…
結局のところ、多分最初から勝敗は付いていたに違いない。

黄鉄鉱勝負…ロレンスは何とか勝利する。
だが、そこへたどり着くまでは、かなり辛い道のりだった。




ホロとロレンス…
今回の一件で、今まで以上に強い絆で結ばれたに違いない。
しかし、ロレンスの本音を聞いたホロは、再び腹を立てる。
それでも…ホロはロレンスの事が好きなのだろう。
よかった、よかった…。


しかし、今回はラント…大胆発言でしたねぇ~♪
そして、ロレンスが最後に頼ることとなったディアナの正体…人じゃなかったね。
ってか…あの部屋に散らばった多くの白い羽は異様に感じてたけど。
羽があんなに散らばっているにもかかわらず、鳥の姿が見えない…。
なんだろ…とは思ってましたが、彼女が鳥だったとは…。
そして今回の勝負…最終的にはディアナがすべてを握っていたとは…。


今回の話…かな~~~~~~り面白かったです。
こういう話は、中身が濃くてホントに面白い。

theme : 狼と香辛料II
genre : アニメ・コミック

東京マグニチュード8.0 第6話

早朝…未来は自分の下駄箱から運動靴を取り出す。
この避難所が自分の学校でよかったね。

目覚めた真理は…体調が悪そうだ。

それでも子供たちと共に歩き始めた。
麻布十番について話し出した。
人形焼き屋…地震がなくても出会っていたかもしれない…と。

歩き進むうち、ラジオの音が耳に入る。
三軒茶屋で大規模な火災…真理の家がある三軒茶屋。
雛と母親の事が急に心配になり、取り乱す真理。
『あの…急いで帰ったほうが…いいです。私たち…置いて行っていいですから…』
『そんなことできるわけないでしょ!』

相変わらず体調が悪そうな真理…。
そしてバイク便の事務所にたどり着いた3人。
すると…また大きな余震が…
抱き合う3人…



今まで子供たちを勇気づけてきた真理だったが、精神的にも体力的にも限界が来ていたのだろう。
どうやら熱があるらしい。
そして…事務所のなかで倒れてしまう。

その時…
事務所に向かってくる異様な音に気付いた二人。
バットを鳴らしながら事務内に入ってきた人物と対峙することとなった未来。
ところがその人物は…タイガー宅急便の社員だったのだ。



真理の夢…
とても悲惨な光景が広がる…

真理が目覚めると…目の前にいたのは…アヤちゃんと呼ばれた女性だった。
社内にいるときに地震があり、家に帰るよりもここにいたほうが…ということで、この壊れかけたビルで生活していたのだという。

ところが、未来と悠貴の姿がなかった。

真理は、事務所内の倒れたロッカーを直し、中から写真とラジオを取り出した。
すると…
アヤは真理に子供たちは自分が面倒をみるので、早く帰ったほうがいい…と。
するとまた余震が…
間もなくして、隣のビルが崩落した。
あわてて子供たちを探しに出る真理だが、アヤはそれを止めるのだった。
しかし真理は…。




瓦礫の街を走りながら二人の子供を探す真理…そしてまた倒れてしまうのだった。
その時…真理は過去の自分を見るのだった。
多分…旦那さんとの出会いのシーン…
そこで彼が言った言葉は…
『誘ったの俺なのに…置いていけないだろ?』
その言葉で我に返った真理。
そして子供たちを置いていけない…と改めて決意を固めた。


どこからか二人の声が…
二人は真理のために、どこからかバイクを借りてきたのだ…という。
だが真理は、そのバイクを返しに行こう…と。
バイクじゃ3人一緒に帰れないでしょ?
安堵の表情の二人…。
真理のために…とは思っていても、やはりここで今まで頼りにしていた大人がいなくなるのは心細い。

アヤと別れ、再び歩き出す3人…。




この作品、ノイタミナ史上最高視聴率なんだってね。
すごいなぁ~。
確かに面白いよね。
リアルだし…。
多分、フツーの人がたくさん見てるんだと思う。

それにしても…未来はすっかりいい子になったね。
この災害で経験したことが、彼女にとってプラスになりますように…。

theme : 東京マグニチュード8.0
genre : アニメ・コミック

青い花 第7話

演劇祭翌日…
ふみは学校をさぼってしまう。

演劇祭の日…ふみは恭己の本心を垣間見た気がして…
恭己は過去だといったけど、ふみにはそう思えなかったのだろう。

また、あーちゃんは…
演劇祭の日、京子の許婚に車で送ってもらうことに…。


演劇祭翌日、ふみはあーちゃんを誘って横浜へ遊びに行ってしまう。
その日、ふみはあーちゃんの家に泊めてもらう。
そこであーちゃんに恭己と仲直りするように勧められる。
っつ~か…あーちゃん、物分かり良すぎだよ(笑)。

バスケ部の部長としての活躍を見てもらうはずだった恭己…だが、ふみに振られてちょっぴり落ち込んでいるようだ。
だが、結局ふみから謝罪のメールをもらい、次の土曜日にデートをしようと誘うのだった。
しかも…恭己の実家へ…。
家族に紹介したいという。

そこには…杉本四姉妹と呼ばれるちょっと有名な3人の姉がいるという。

ふみは恭己の実家を訪れる。
とんでもなくお嬢様でしたぁ~!!
ものすんごいお屋敷!!
超日本家屋!!

そこで元・藤ヶ谷の教師をしていたという二女にも出会うこととなる。
三女はちょっとS?
っつ~か、正直なんだろうな。
なんだか…二女は藤ヶ谷で何かあったみたいだね。

恭己は母親と3人の姉たちにふみを紹介する。

しかも!!恋人だ…と。
やっちゃん、レズビアンなの?
単刀直入っ!!!
しかもバイセクシャルだとか言っちゃうよぉ~!この姉妹!!!(笑)

三女に突っ込まれて拗ねた恭己は、部屋へ引きこもってしまう。
結局、ふみは…恭己のもとへ行くのだが…。
恭己はふみにいらんことを…。
恭己もふみも今の気持は嘘なんじゃないか?と…。

そこへ長女が助けに入る。
ふみを部屋から連れ出し、みんなのもとへと…。


何?後ろめたいの?
三女が二女に言う。
やっぱり…なんかあるよね…これ。

恭己に食事を運んだふみだが、そこで恭己に思ってもみなかったことを言われてしまう。


今のままじゃ…付き合えない…



ギャーッ!!
どぉなるのぉ~っ?!
なんだよぉ~、せっかくいい雰囲気だったのに!
恭己とふみは別れちゃうのか?
っつ~か…みんな一方通行だなぁ~…とか思った。

ふみ→恭己
恭己→各務
京子→恭己
各務→?
あーちゃん→?


む~ん…
すでに7話だもんなぁ~…

杉本四姉妹の迫力はすごかったねぇ~。
母も交じって、とんでもないことになってるよ。
ってか…お嬢様なのに特に気取ったところもないね。
それがなかなかすごいと思う。

あーちゃんの協力は無駄になってしまうのかな?
ってか…あーちゃんとふみが付き合えば…って、おいおい!(笑)

theme : 青い花
genre : アニメ・コミック

銀魂 第二百七十二訓

沖田がカッコよすぎる!
どぉ~してっ?ってぐらいにカッコイイ。
ヤバい…マジでヤバい!
この話…一日も早くアニメで見たい。
鈴村祭り開催だな、おい…。

そして、神楽ちゃんと沖田…なんかいい。
この二人…ホントにいい。
このコンビ…何人たりとも追いつけない!(ホントか?)

っつ~か…銀新と土近も登場して…
どうしていいのかわからない。
とにかくこの話…面白すぎる。

だから銀魂はやめられない…。
こういうことしてくれるから…やめられないんだよ。

theme : 銀魂
genre : アニメ・コミック

07-GHOST 第19話

エリザベス❤アルバート❤エリザベス❤アルバート❤
なんだよぉ~っ!このカップル!!(笑)


お祈りしなくても僕は兄ちゃんが大好きだよ❤
うぉ~~~~いっ!!
BL色が益々強く…え?違う?!



フラウ…よだれが…(笑)
結局、アヤナミとカストルの決着はつかなかったね。
まぁ、それでいいと思うんだけどね。

ハルセはクロユリのために犠牲になろうとしていたのか?
だが、クロユリの血を飲んで元気百倍に!
どんな効果があるわけですか?
なんか…特別なものなんだね。


そんな中、バスティンの葬儀が執り行われた。

フラウのライター…欲しい。
タバコはご法度みたいだね。
でも…あのライター…欲しい。
どっかに売ってないかなぁ~♪


でもさ…
ハクレンはホントにテイトを好きすぎる。
なんでこんな急にって思うほど好きだよね。
福山さんってば…(笑)。
全然関係ないけど『ぬらりひょんの孫』ドラマCDで、リクオの声…やるんだよね?
そのうちアニメ化か?


そしてフラウも再びテイトに告白…
テイト…モテモテだなぁ~、おい。


だが、テイトが後悔に苛まれている…と、彼の心は闇にとりつかれて…クロユリの手のなかに。
それをかばうためにハクレンが…
そして二人はアヤナミの手の内に…
フラウは一瞬遅かったね…


あと数話しか残ってないけど、ちゃんと決着付くの?いろいろ…。
なんか心配なんだけど。
別に原作どおりじゃなくてもいいんだけど、とりあえず納得できる最終回になってほしいなぁ~。

theme : 07-GHOST
genre : アニメ・コミック

こんにちはアン 第19話

季節は秋…

学校ではアンの周りに人が集まり始めた。
アンが学校に通い始めて半年がたとうとしていた…。

以前はミルドレッドの周りに人がたくさん集まっていたのだが、彼女には人望はなかったかようだ。
ただ金持ちの娘、有力者の娘というだけで人が周りにいただけだったにすぎない。

ミルドレッドは学校でも家でも一人ぼっちだったのだ。
そこで彼女はお茶会を開こうと計画する。
だが母親に、アンは呼ばないように…と。
みすぼらしい家の子供とは付き合うな!と言われてしまうのだった。

周りの少女たちは、アンを呼ばないのか?とミルドレッドに問いかける。
ミルドレッドはアンは呼ばない!と…。
アンはその時、強がりから『その日は用事があるから』と…。

だが、下校中にアンの心はお茶会の事でいっぱいだった。
自分が招かれなかったこと…お茶会への妄想(笑)。
そこで彼女が考えたのは、自分でお茶会を開くこと…だった。

お茶会当日…
クラスメイト達がミルドレッドのお屋敷にやってきた。
贅沢なお菓子とお茶。
ミルドレッドは素敵なドレスを着て、みんなを迎えたのだった。
ところが…
贅沢なお菓子を見た少女が『アンに持って帰りたい』と…
そのあと、窓の外にリスが現れる。
するとアンならリスと話せる…と。
アンがいないにもかかわらず、話題の中心はいつもアンだったのだ。
ミルドレッドはお茶会を中止した。
少女たちはすごすごと帰って行くのだった。


後日、アンは枯れ葉のお茶会招待状を友達に渡した。
ヘンダーソンはそれを見て、ミルドレッドには渡さないのか?とアンに問いかける。
アンはミルドレッドに意地悪をされているし、彼女は自分の事を好きではないから…と。
しかしヘンダーソンは、ミルドレッドは多分アンと仲良くなりたいと思っている…と、予想もしなかったことをアンに言うのだった。

アンは、ミルドレッドのお屋敷に足を運ぶ。
ミルドレッドにお茶会の招待状を渡し、途中まではいい感じで話が進んでいたのだが、彼女の悪い癖が…一言多いんだよね、この子。
結局ミルドレッドの機嫌を損ねてしまう。

アンのお茶会当日…
魔法の森で開かれたお茶会。
お菓子もお茶もすべて想像で行われる妄想お茶会。
ランドルフ達は文句を言うが、女の子たちはアンのやり方に慣れていた。
しばらくして…雨が降り出した。
一斉に帰る子供たちにあわてて[お土産]を渡すアン。


一方ミルドレッドは…
母親に呼ばれて婦人会のお茶会に出席したが、母親の勝手な発言でお茶会を飛び出してしまうのだった。
そして雨のなか、アンのお茶会に向かうのだった。



雨の中、ミルドレッドを待っていたアン。
ミルドレッドはアンが大好きだと告白する。
そして誰とも手をつないだことがない…と。
するとアンは優しく手を差し伸べる。

ミルドレッドとアン…
いい友達になれればいいんだけど…。
ミルドレッドが壁を壊すのは…なかなか大変だな。

すごく複雑なミルドレッドの心。
親はいるのに自分を見てくれない。
このくらいの年の子供は、親にいつでも見ていてほしいもの。
それがかなわないミルドレッド。
親は[畏れ]の対象でしかないようだ。
はぁ~…なんか切ない。

theme : こんにちはアン
genre : アニメ・コミック

宙のまにまに 第6話

ついに…新キャラ登場♪
しかも…
松風雅也ぁ~❤
キャー!!アタシ…どうしたらいい?どうしたらいいですかぁ~っ!?


…どうもしなくていいです…アタシ…。




新学期、通学中の朔はバスの中である男性と出会う。
その男性は、自分たちのクラスの新任教師・草間だった。
しかもその草間は、美星の父親の教え子で、美星と小夜の昔馴染みだったのだ。

美星は昔から草間に懐いていたらしく、再会しても相変わらずのようだ。
しかし、朔は心中穏やかではない。
散々 美星につきまとわれ、部活にまでひっぱりこまれ、やっとこのペースに慣れてきたときに大人の男が登場して美星を掻っ攫われた…的な感じ?

そして文化祭の準備が始まる。
出し物コンテストで優勝し、部費を増やしてもらうべく動き出す天文部。
草間の発案でプラネタリウムを制作・開催することに…。
そんなとき、ふーみんが朔に誘いをかける…。
文芸部の文集の話を持ちかけるのだった。

もともと文芸部に興味もあり、美星が草間にべったりというのも気に入らない朔は、天文部が一致団結して取り組もうとしているプラネタリウム作成に向かう部員たちの心に水をさす。
特に美星は大打撃…だったようだ。
朔は…美星の事…好きなんだよね?
だから草間の出現は予定外の大打撃ぃ~!!

ドロドロしてないラブコメに、毎週ワクワクです。

おまけに…
松風よぉ~っ!!
松風なのよぉ~っ!!!

この心が全くこもってない[笑い]が大好き♪
…アタシ、失礼です…でも、大好きなんだもん。

はぁ~…これ、マジで面白い。


マイ・エンジェル
そんなセリフをサラッと、しかも心無い感じで言えちゃうのも…松風ならではです♪
本気で好き…松風君!

theme : 宙のまにまに
genre : アニメ・コミック

LIVE

今月のライブチケットが届いた。
微妙…
この席…微妙ですけど…。

theme : 城田優
genre : アイドル・芸能

涼宮ハルヒの憂鬱 第19話

15532回…視聴者の憂鬱もこれで終焉を迎えることとなった。



第12話から続いて来た『エンドレスエイト』だが、ホントに8回目で終わることになるとは…っつ~か、ホントに8回もやるとは…。

結局何がしたかったんだろう…ハルヒは…じゃなくて、キョンがしたいことを言って欲しかったってことなのか?
結局キョンは最後の喫茶店で、宿題が全く手付かずだということをハルヒに訴える。
ハルヒ自身、『こいつ何言っちゃってんだ?』的な反応だったが、彼女の怒りを買ったのはそういうことではなかったようだ。
明日、オレんちで、みんなで集まって課題をやる!と言い切ったキョンに腹を立てたようである。
つまりは…
キョンはこう言えば良かったわけだ。
課題が全く終わっていないから、みんなで集まってやらない?みたいな…。
それを場所も時間も(とりあえず朝からって言ってたし)全てキョンが勝手に決めたってのが、そのあとのハルヒの剣幕の原因となったのだろう。

ハルヒが言う[夏休みの課題]とは…プールに行ったり花火大会に行ったり…という、あの紙に書かれたことをこなすこと。
それと、盆踊り大会あたりでキョンとハルヒが課題(宿題)の話をするが、その辺がこのエンドレスサマーを終わらせるカギ…だったとはね。
っつ~か…ここまでやってソレなの?って気もしなくはないんですが…。
アタシは常に好きな作品に対しては心が広いので…(笑)。

8/31当日…は後回しで、9/1の朝、キョンが目覚めるところでキョンの部屋の雑多な感じで昨日の回想シーン…となる。

そして新学期…部室で会話するキョンと古泉君。
古泉君の望み通りキョンがハルヒを後ろから抱き締めて…ということにはならなかったが、時間は再び動き出したのだ。
この淡々とした時間を楽しむかのように2人はポーカーを始める。
しかも…二人ともとんでもなくいいカードで…。
ストレートフラッシュ…こんなところで運…使っちゃったよ(笑)。

結局何かが変わったわけではない。
きっとハルヒは、キョンがやりたいことを言ってほしかった…というところか?
む~ん…よくわからんが、とりあえず
エンドレスエイト地獄からは抜け出せたみたいなのでこれで良しとしよう。

theme : 涼宮ハルヒの憂鬱
genre : アニメ・コミック

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

こじこ

Author:こじこ
分類:おたく目 腐女子科 主腐
分布域:秋葉原・東池袋
主食:菓子類

多方面にオタクパワー発揮中。

現在視聴中(再放送含)

夏目友人帳 参/TIGER & BUNNY/セイドリックセブン/青の祓魔師/うさぎドロップ/No.6/異国迷路のクロワーゼ/うたの☆プリンスさまっ/バンブー・ブレード/鋼の錬金術師FA/鋼の錬金術師/機動戦士ガンダム00 2nd/銀魂/NARUTO 疾風伝/灼眼のシャナ2/仮面ライダーOOO/THE 鉄腕DASH!/さまぁ~ずXさまぁ~ず/モヤモヤさまぁ~ず2/内村さまぁ~ず/ぐるナイ/BONES 5/24 第4・第7・ファイナルシーズン/THE MENTALIST シーズン2/スーパーナチュラル シーズン2・4/荒川アンダーザブリッジ/ジウ/THE EVENT

最新脳内環境

トラックバック

TBのお返しは、基本的にしているつもりですが、何らかの事情で送れない場合もあるようです。どうか御了承ください。

旅の扉

★ 常時 相互リンク受付中。どうぞよろしく♪

カテゴリー

月別アーカイブ

花個紋

毎度ありがとうございます

現在の閲覧者数:

しろたん❤

ギレン(?_?)

ドラクエLOVE

おジャンプ様

amazon今日の新刊コミック

ときメモGS 1st Love

こじこは犬派です

小動物も…魅力的

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。