04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちはアン 第36話

こんにちは アン オリジナルサウンドトラック1こんにちは アン オリジナルサウンドトラック1
(2009/07/22)
TVサントラ井上あずみ

商品詳細を見る


アンがこの孤児院に来てからすでに4カ月が経過していた。
しかしアンは未だになじめていなかった。

一人でいるとき、彼女は納屋の裏に腰掛けてケイティー・モリスやヴィオレッタに話しかけていたのだった。
その時…納屋へやってきたエドナ。
彼女は納屋の中でジュディーという誰かに話しかけていたのだった。
それを聞いてしまったアン…。
エドナが納屋から出て行った後、納屋の中を確かめるのだったが、そこには誰もいなかった。


そんなある日、プリンスエドワード島のスペンサー夫人から一通の手紙が届く。
この孤児院から子供を引き取りたい…と。
カスバート家からの依頼である。
11歳の女の子…それはエドナとアンの二人が該当する。
しかしこれは…11歳の男の子の間違いであることは後々解ることなのだが…。
アンにとって運命の出会いとなるわけだ。

エドナとアン…
どちらがプリンスエドワード島へ行くのか…。
アンは決定までやきもきする気持ちをテッサに話すのだが、孤児院に取り残されるテッサには辛い話だった。
テッサは少し大人になったようだ。
アンの話を聞き、涙をこらえデラのもとへ…。
そしてデラに素直な気持ちを告白していた。
それを聞いてしまったアン…
それと呼応するようにエドナはアンに罠を仕掛けるのだった。

自分こそがプリンスエドワード島へ行くにふさわしいと強く思っていたエドナは、周りに対して演技を始めるのだった。
すっかりそれに騙され、またテッサとデラの事を想い、アンは院長にプリンスエドワード島行きを断る決意を話してしまうのだった。

しかし…エドナは多分…実の母親が見つかって引き取られることになるんだろう。
エドナは母親に捨てられたと言ってたけど…何か事情がありそうだ。


残りあと3話。
アンがグリーンゲイブルズに行くところで話は終わるんだろうね…やっぱり。
なんか…続けて『赤毛のアン』のディスク…観ちゃいそうな勢いだな…アタシ(笑)。

theme : こんにちはアン
genre : アニメ・コミック

Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アニメ「こんにちは アン ~Before Green Gables」 第36話 希望の手紙

ヒカリの種(2009/05/20)井上あずみヤング・フレッシュ商品詳細を見る 私、プリンス・エドワード島には行きません! 「こんにちは アン ~Before Gree...

こんにちはアン #36

孤児院に、11歳の女の子を引き取りたいという話が持ち上がるお話でした。 相変わらずアンは孤児院の中で孤立していました。エドナたちのグ...

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

こじこ

Author:こじこ
分類:おたく目 腐女子科 主腐
分布域:秋葉原・東池袋
主食:菓子類

多方面にオタクパワー発揮中。

現在視聴中(再放送含)

夏目友人帳 参/TIGER & BUNNY/セイドリックセブン/青の祓魔師/うさぎドロップ/No.6/異国迷路のクロワーゼ/うたの☆プリンスさまっ/バンブー・ブレード/鋼の錬金術師FA/鋼の錬金術師/機動戦士ガンダム00 2nd/銀魂/NARUTO 疾風伝/灼眼のシャナ2/仮面ライダーOOO/THE 鉄腕DASH!/さまぁ~ずXさまぁ~ず/モヤモヤさまぁ~ず2/内村さまぁ~ず/ぐるナイ/BONES 5/24 第4・第7・ファイナルシーズン/THE MENTALIST シーズン2/スーパーナチュラル シーズン2・4/荒川アンダーザブリッジ/ジウ/THE EVENT

最新脳内環境

トラックバック

TBのお返しは、基本的にしているつもりですが、何らかの事情で送れない場合もあるようです。どうか御了承ください。

旅の扉

★ 常時 相互リンク受付中。どうぞよろしく♪

カテゴリー

月別アーカイブ

花個紋

毎度ありがとうございます

現在の閲覧者数:

しろたん❤

ギレン(?_?)

ドラクエLOVE

おジャンプ様

amazon今日の新刊コミック

ときメモGS 1st Love

こじこは犬派です

小動物も…魅力的

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。